DTMの道(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

土日で3作目となるコピー曲を作った。だんだん慣れてきたぞ。

また久石譲の曲にしようと思ったんだけど、そうなると
1日2日では終わらないので、土日で終わるようなのにしよう、
ということで(しかも、日曜は半日は休日出勤だった...)
FF3の私のお気に入りのボス戦の曲にした。

やっぱし、原曲がファミコンだと打ちやすい。

というより、音に奥行きがない、せいぜい5音なので
耳コピがしやすいのだ。

むー、こんなことしてると、普通に音楽を鑑賞しているときも、
その音色ごとに分解して聴いてしまうようになっちゃうな...

ところで、今回のフェードアウト処理は、
今度はGS独自方式でやってみた。

これで4方式試したことになる。

・マスターボリュームを小さくする方法(標準的)
・エクスプレッションを小さくする方法(まぁよくやる)
・ベロシティで音の強さをどんどん弱くする方法(異色)
・GSのエクスクルーシヴデータで音を小さくする

3つ目がGS音源のみに作用するもの。

操作用のトラックをひとつつくってこれを書いておけば、
ベロシティやエクスプレッションなどをいじらないで、
ボリュームだけ調整できる。

ちなみに、私の持っているMU2000というXG音源でも、
そのGSメッセージで音量が操作できてしまった。

なるほど、GSエミュレートとはこういうことか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/1672

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading