DTMの道(5)

| コメント(0) | トラックバック(0)

こういうことをしていて思い始めたことがある。
それは、DTMというのは「漫画」みたいだな、ということ。

何だと!?そんなワケあるか!

いや、音楽と漫画が同じだといっているのではない。
それを作る作業のことをいっている。

漫画というのは、自分で原作、脚本をする、
つまり、物語の原案を考えて、そのプロットをつくり、
登場人物たる俳優(キャラ)も自分で作って配役して、
舞台も用意して、構図も考えながら物語を展開させていく。

映画製作でいえば、原作、監督、脚本、キャスト、カメラ、
あと舞台やロケの設定まで全て一人でやっていると。

漫画というのは、そういうパッケージになってるが、
それをやってるのは、基本的に漫画家ひとりということ。
(メジャーになれば、アシスタントや編集者もついてくるが)

そして、DTM。

の前に、まず、DTMでない通常の音楽を考えると、
まず元となる曲を書く作曲者、それを整形する編曲者がいる。
あと実際に楽器で演奏をするバンドやオーケストラがいる。
オーケストラなら指揮者もいる。バンドにはボーカルもつく。

DTMでは、やはりそれらの作業、つまり、作曲、編曲、
楽器の演奏、指揮といったことを全て一人でやるわけだ。

DTMのコピーの場合は、原曲があって、それをアレンジしたり
或いはそのまま再現したりするわけだが、
漫画も原作者が別にいて、作画を漫画家が担当することもある。

ほらね、似てるでしょ。

さて、今回は「LIVE A LIVE」というRPGのBGM。

これは、当時、小学館の漫画誌上に漫画を描いていた作家が、
作中の複数の舞台の主人公たちをキャラデザインしたという
ある意味、話題の作品。

中でも「幕末編」の和楽器音とロックのアンサンブルが好きで
その曲の一つをコピらせてもらった。

例によって、聞き取れない部分は私のオリジナル。
あと、背景の和製打楽器の音を原曲より強めに出してみた。

で、この曲のテク(??)は、複数ドラムパートの使用。

普通、GMでドラムパートは10chしか使用しないものだが、
他のチャンネルも設定を変えることで、ドラムパートにできる。

で、今回は、普通のドラムキットに加えて、
11chに和製の打楽器のパートを加えた。

ただ、これは音源が対応していないと駄目みたいなので、
SC88(私の環境)以外でちゃんと鳴るかは怪しい。

試しにMU80で聞いてみたら、和楽器でない別の打楽器が鳴っていた。
まぁ、それはそれで面白い感じのアレンジだったけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/1679

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
なるほどショッピングVol5番組への直リンク