2001年7月アーカイブ

どうやら、自民党圧勝。やはり小泉人気か。

やはりメディア的な人気というのは大きい。
政党が挙ってタレント議員を担ぎ出すのも、
やはりその"人気"が欲しいから。

しかし、人気があるものが勝つ、という選挙って、
どうなんでしょ?

プロレスラーが議員になる、
落ち目のタレントが議員になる、
とりあえず有名人だから議員になる...

君たち、本当に政治できるのかい?

政治のやりくりが苦しい、というのは理解できる。

年々税収が減る中で、
福祉や介護などにかかる費用は年々増える。

収入は減るのに、予算は増やせというのだから、
赤字が増えるのは当然の話。

だから、国の債務も増えるわけだが、
何とかそいつを減らしていこう、というところで、
現状打破の意味での構造改革があるのだろう。

では、どうすれば解消できるか。

税を増やすか。増やすとしたらどの税を増やすのか。
その税をその予算に当てて良いのか。
特定財源の用途を広げるか。
他の余分な費用を削るのか。
削るとしたら、何が余分なのか。
削られた場合、その影響は...

もう議論をすればきりがないわけだが、
それをビシッと良い按配に落とす役割を果たすべきは、
他でもない政治家なのである。

であるだけに、それなりの素養と技量、洞察力と分析力、
そして未来を予見する力も必要。

つまり、そんな高度にインテリな仕事が
プロレスラーやタレントなどの畑違いな人たちに
果たして務まるだろうか。

要するに、大仁田厚、大橋巨泉、田嶋暢子みたいなのが
政治をまともにできるんだろうかというお話。

もし彼らが、単に人気取りのための広告塔だとするなら
政治家になった途端にその役割を終えることになるはず。

最近、イチローが打たなくなったという。

そりゃ、以前のような毎試合安打続けてたら、
2、3試合ヒットがないだけでもそう見えるかもしれんけど。

いや、私が思うに、イチロー、打ち方変えてないかい。
今までゴロで堅実なヒット打ってたけど、
最近、内野の頭を越して外野へ飛ばそうとしているような?

どうなんでしょ。

さて、niftyから、7月から音楽著作物が
堂々と配信できるようになったよ、という知らせが来た。

ただし、有料で。

7月から、JASRACに一定の料金を支払えば、
JASRACに登録されている音楽著作物は配信できるのだそうだ。
逆にいえば、金を払わないと音楽配信は違法になる、と。

ネットで配信できる形態は、生のままだとWAVE形式、MP3形式、
あとRealPlayerやQTなどの形式もあるだろう。
それらに料金が発生するのは、まぁ理解できる。

だって、まんまコピーだもんね。

問題はSMF形式、つまりMIDIでの配信である。
これにも料金が発生するのだという。これが、私には解せん。

SMFのデータを作る作業、というのは、ただのコピーではない。

コピー曲の場合、一応、元のメロディはあるものの、
データ作成としては一からの作業だ。
一般にいうデータコピーとは性格が違う。

音楽以外で、例えば、文学など小説で、
ある作家が、別の作家の作品を読んで、その作品をベースに
別の作品を書いたとしたら、それは著作権侵害か?

漫画もそう。

よく同人誌などではパロディものや外伝みたいな形で、
原作をアレンジしたものが描かれていたりするが、
あれは著作権侵害にはならないのだろうか。

コンテンツがデジタル化してきた今の社会で
著作権なんてあってなきが如きものという感があるが、
それだけにきっちり規定をすべき、というのは分かる。

ただ、そうならば、どういうものを"著作物"とするか、
その範囲はどこまでか、どこまで良くて、どこから駄目なのか
という議論も、もう少しあって良いと思う。

英語では"Copyright"というが、
直訳すれば"コピーをする権利"となる。

で、SMFがオリジナルのコピーといえるのかどうか。

とりあえず、このページでも原曲ありのSMFを公開してるけど、
お咎めがあったら引っ込める、というスタンスでいきます。

オリジナル曲頑張ってつくるかな...

News23の党首討論を見た。

一番デカイ夢を持ってるのが自民の小泉氏だろうな、
と思っていたけど、野党の無謀な夢たるや。

特に共産党と社民党、到底実現できなさそうな絵空事を
よくもまあ堂々とあそこまで言えるよ。

50兆の財源確保とか、税金減らして福祉を充実させるとか。

まずその財源の根拠は何ですかってこともあるし、
税金減らして福祉充実というのは、
その50兆という架空の財源が前提になってると思うけど、
そういうのを「絵に描いた餅」というのですよ!といいたい。

小泉氏の構造改革の方がよほど現実的にみえる。

志位と土井、自分らの主張の馬鹿さ加減を棚に上げといて、
とりあえず与党の政策の文句ばっかりいっとけみたいな姿勢で
国民の支持とれると思ってるの?

全体として、野党は後ろばっかり見てる。

自分たちの政策は夢物語で、現政権のやることは全部ダメと。
これではまともに政策の議論にならない。

ちなみに、今回、扇氏が、
初めてまともなことを云っているように見えた。

これから生産人口が減るというのに、
消費税を福祉に使わないならどこから財源を確保するの?
と、土井氏を切り捨てたあたり、論点はともかく、
それに土井氏が回答できなかったことで、
ああ、土井のオバハン、あんまり考えずにモノ云ってるな、
というのが明確にわかった。

あ~、選挙、どうしようかな...

そういえば、「カブトムシ」とかいう歌があったな...
関係ないけど。

今日、溜まった洗い物をしようと流し台へ行ってみると、
何やらゴソゴソうごめくものが排水溝のところに見えた。

暗がりだったので、最初はゴキブリか、と思ったが、
それにしては動きがニブい。

キッチンの明かりを点けてみると、
何かの甲虫が裏返ってもがいているようだった。

よく見ると、どうやらクワガタムシ。

その小振りなアゴからメスだと分かった。
しかし、なぜ流し台にクワガタムシ?

とりあえず、割り箸につかまらせて、ベランダに出してみる。

しかし、ベランダには止まり木のようなものがなく、
そのままほっぽったら、この暑さで干からびてしまうな、
と思った。

で、思い直して、もう一度割り箸につかまらせて、
今度はアパートの下まで降りて、植木の陰に放してやった。

ごそごそと葉の茂っている方へ退散していったのを見届けて、
私は部屋に戻った。

しかし、一体どこから侵入してきたのか。

その侵入経路も気になるし、
こんなところに、中学以来見てなかった久々の珍客に、
ややの懐かしさも感じながら、何だか妙な気分だった。


ああ、FFX、面白いッス。

寝る間も惜しんでゲームばっかりしてるッス。
この口調、ハマってるな、と分かる人にはわかるッスね。

それに引き換え、最近のバラエティ番組は、全く面白くない。

何でかな?本当に番組が面白くないものなのか、
私の価値観が変わってしまったせいなのか。

多分、後者だろうな。

昔は、ドリフが面白くでたまらなかった。
やはり感覚というのは、とても強い可塑性があるらしい...

A.I.

| コメント(0) | トラックバック(0)

てなことで、映画を見てきた。
スティーブン・スピルバーグの最新作『A.I.』。

何というか、良く出来た作品だと思ったけど、
あれに何かのメッセージが込められているのだとすれば、
ラストの意味がイマイチ分からなかった。

あえて言うなら、人間はかけがえのない存在、てことか?

ん、何か違うな。

内容についてあまり書くとネタバレしてしまうので、
以下は私がも~んと思ったこと。

人間とロボット。

何が違うのか?

私はハナッから人間も有機物でできたロボットだと思っているので、
その両者の本質的な違いはないと思っていたりする。

有機体でなければ感情が生まれない、なんてのは、
有機体である私たちの勝手な思い込みである。

自分たちが特別だと思いたい、自己主張したい、
自分という存在に他にはない意味を与えたい、
そんな願望と固執が、ロボットに感情があるわけがない、
と思い込む一因になっているのだ。そう思う。

有機体でなければ、感情、心、愛、
そういうものは実現しない。

本当にそうなのか?

では、有機体である私たちが
"心"だ"愛"だといっているそれは一体何なのか?

折角こういうテーマの映画なんだから、
内容でもそこまで踏み込んで欲しかった...

というのが、私の正直な感想でした。

まぁそこまでハードにしちゃうと一般ウケしないか。
あくまでハリウッド映画ってことで。

あ、FF X 買ったよ。発売日、昨日だったのね。
てことで、これから数日、私はゲームオタクになりマス。

先週まで私を苦しめていたプロジェクトが、
一時休止することになった。

上の方で何か動いたようなのだが、
ぺーぺーの私の知る由もなく。

早ければ来週再起動とのことだが、
それまで私の仕事はなくなった。

ということで、今のうちに年休消化してしまえ!
で、明日を休みにして4連休なのじゃ。

やりたいことは山とある。

まず、床屋へ行きたい。
あと、見たい映画もいくつか。
DTMも、そろそろ新たに何か取り組んでみたい。
車ももともと黒いのだが、今は真っ白。
洗ってやらないとねぇ。
部屋も寝る以外のスペースがなくなってきているので、
いい加減片付けにゃやばい。

ああ、何から手をつけるべきか...

まぁ、まずは床屋だな。

平日の明日でないと、休日は込み合う。
で、映画。これも休日は混むから、明日空いてる劇場へ。
洗車は海の日でいいだろう。
その後、時間に余裕ができたら部屋の片付け。
で、あとは趣味に走る、と。

うん、これでいこう。

なんか、やっぱし私は単独行動派だなぁ。

休みだからといって友達と連れだってどこかへ出かけたり
なんてことは滅多にしない。

大抵一人で何かやっている。

もともと人付き合いは苦手だから、
連れを増やそうとも思わないんだけど、
普通は連休といったら、みんな何人かで群れて遠出するとか、
行楽地行くとかするんだろうね。

大体、映画行くにしても、周りは大抵カップルだったりする。
ああ、そうだそうだ。

そういえば、FFの最新作の発売日、いつだっけ。

要するに、物理的にもうそれ以上乗れない電車に、
何故さらに乗ってこようとするのか、ということである。

会社に遅刻するからか、そこまで追い詰められているからか、
どうでもいいけどそういう習慣になってしまっているからか、
この馬鹿な毎朝の現象がどうしようもなく居た堪れない。

普段は私自身もどうでもいいことなんだが、
こう異常に暑い朝だったりすると、
そういうどうでもいい疑問もどんどん膨張してしまう。

かくいう私も毎朝満員電車に乗る一員であるわけだが、
もう乗れない状態になっている電車に、
無理にスペースを"作って"乗ろうとはしない。

たとえそれが遅刻につながるとしても、である。

そんなに心狭く生きたくはない!

とまぁ、そんな大きなものでなくても、
それをされたときの不快感を知っているから、
それを自分が人に対してしたくはない、ということだ。

そういえば、最近そういう些細なことでブチ切れて、
ケンカになり、下手すれば死ぬ、なんて事件もあったり。

社会というのは、互いに迷惑をかけ合ってやっていく場所。
そこのところを理解していない人が多いということか。

道があれば、それは我が道、というのが当たり前な者には、
オヤジに足を踏まれただけでブチ切れるのだろう。

ましてこの暑さである。
また無意味な怪我人が出なきゃいいけど。

とりあえず、その自己防衛のためにも、
満員電車に無理に乗ったりはしない。

しかし、暑い。毎年こんなもんだったろうか?
それとも、私自身の体力が落ちてきていて、
例年にまして暑さが身にしみているのだろうか...

今日、"蚊"を買った。

奮発

| コメント(0) | トラックバック(0)

思ったよりボーナス多かったので、ノートPC買った。

Panasonic HITO の最新モデル。

ネットワークカードとか増設メモリとか、
消費税などもろもろ含めて22万円のお買い物。高い!

CPU PenIIIの700MHz、HDD20GB、CD/DVDのマルチドライブ、
これだけで、私の現デスクトップを大幅に上回ってる。
(現マイPC:CPU PenII300、HDD全部で12GB)

時代ですなぁ、やっぱし。

ただ、OSがWinMEモデルしかなかった、というのが惜しい。
Win2000の方が良かったんだけど。

これは、MEでないとAV系のソフトが動かないからかな。
頃合を見てWin2000に入れ替えよう。

今、そのニューPCでいろいろやってみてる。

SDカードも標準でついていたので、
リムーバブルドライブとして使ってみたり、
携帯電話でインターネットにつないでみたり。

モバイル!ユビキタス!

この夏、実家に持って帰って自慢しよう。

ところで、ニューPCで自作MIDI聴いてみたら、
なんか、10チャンネル(ドラム系)の音しかならなかった。

一応、GS互換のソフト音源なので、劣化はしても、
それなりに聞こえるんじゃないか、と思ったんだけど。
きっと音源指定しているせいかな?(SC-88マップ)

なんか間抜けなので、
とりあえず、コピー曲を全部mp3に変換しておいた。

やばい。最近、仕事あがりが23時を超えはじめた。
ここ一週間ずっと帰宅が日を更新している。News23が見えない。

納期が9月末。なのに、まだ設計段階というのは、非常に拙い。
ということもあって、土曜(もう今日か)も休日出勤である。

ああ、夏休みはあるのだろうか。

これは書いて良いのかどうかわからないが、
まぁ特定されない程度に。

内容として、要はディジタル地図なのだが、
その統合開発環境みたいなのを作るのが今回のプロジェクト。

どちらかといえば社外より社内の工数削減を狙った製品。
研究開発という感じだが、一旦プロジェクトが立ち上がると、
のんびりもやっていられない。

コストはしっかり消費するわけだから。

この間、本社の人から、
ゲームボーイアドバンスで地図を動かすソフトを見せられた。

PDAで地図が出るのは知っていたが、そこでGBAを使うという発想か。

最近のゲーム機も進歩が早いから、
そろそろPDAにも負けないスペックを持ってきてるかもしれない。
ただ、どうも任天堂側は乗り気でないとか。

地図ということは車載機にもできるということで、
それが事故原因になられると困る、というのである。保守的ね。


木曜の帰り道、0時過ぎだったか。ふと空を見上げると、いつに
なく暗い月の姿があった。なんだか半分陰かかったような。

雲かな、と思った。家に着いて、テレビをつけて、そこでやって
いたニュースで、それが部分月食であったことを知る。

見ただけでそんなことも分からなくなるくらい精神的余裕が
ないのだろうか...

「お電話です。」
「え、誰から?」
「佐々木さん、とかいってましたけど...」
「どちらの?」
「いや、分からないんですが、何でも早急にとのことで...」

勤務中に誰だ?と思いながらも、
早急というのだから、とりあえず出てみる。

「あ、XXさんですか?」
「はい。」
「ジャパンコミュニケーションですけど、以前お約束されてから
 何もご連絡がないのですが、どうされたんですか?」
「え、約束?」

そんなもの、した覚えはない。
そもそもジャパンコミュニケーションって何だ?

「あ、あの、何のことですか?」
「私、ジャパンコミュニケーションのものですが、
 お約束を守って頂かないと、こちらも終われないんですよ。」

そういえば以前、会社にいつもの勧誘電話がかかってきて、
はいはいと適当に答えて電話を切ったことがあった。

そうだ、あれだ。

まいったな、ナンバーディスプレイ、
家につけてもあまり意味ないのか。
いや、最低家にかかってくる分は防げるか。

調べてみたら、こういうのを「アポイントメント商法」というらしい。

20歳台くらいで、定職について、お金が自由に使えるように
なりはじめたくらいの人をターゲットにして、
手当たり次第に電話やらDMやらをしているらしい。

今回の「ジャパンコミュニケーション」だが、
何でも、ローンを使ったことがあって、トラブルが無かった人が、
いろいろな買い物やアミューズメントを有利に楽しめるカード
とやら配っている、とか何とか。

そのカードを本人に「手渡し」しなければ、
自分たちの役目は終わらないのだという。

知らんわ。

これ、明らかにその類(たぐい)だろう。何が早急だよ。
いい加減にして欲しい。

そう、最近の勧誘電話は
「その類のものでないことを誤解されないように」などと
わざわざいってくるところもあると。

そんなの「その類です」といっているようなものだな。

大体、職場の業務電話番号(代表ではない番号)に、
社員でも協力会社でもない奴がダイヤルインしてくること自体
「私は怪しい者です」と名乗っているのと同じである。

覚えのない人から会社にかかってきたら、今後は居留守だな。

暑い!熱い! Today is very hot!!

日中の最高気温38度。もう、外に出た瞬間イヤになった。
思わず再び部屋に引っ込んでしまった。

それはそうと、TA、買っちゃった。

新品でなく中古。そう、中古という手があった!

ソフマップに行ってみたら、
ナンバーディスプレイ対応のAtermIT50というのが4800円だった。
この値段なら本一冊買うノリで買える。

しかし、今の機種、買ったときは5万くらいした気が(5年ほど前)
それよりグレードの高い機種が10分の1の値段ですか。ちくしょう。

早速TA交換して、携帯からかけてみる。

出た。番号出ました。
やったね、ナンバーディスプレイ!

とかいって、このサービス始まったのいつだよ。何年前よ。
感動するの遅いわ。

で、非通知は着信拒否に設定。
今後、知らない番号から電話がかかってきても出ないですよと。


今日は1日。映画が1000円の日であった。見逃した。

朝一番で A.I. 見るつもりだったのに。
早朝のMLB見てたら、寝過ごしてしまった。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
ワイヤレスLAN搭載のノートPC [120x600]