DTMの道(6)

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に打ち込み。

今ハマリ中のFF10のオープニングテーマ曲。
ピアノソロなので簡単だろう、と思ってやってみたら、
意外に複雑だった。

まぁ、今までのよりはEasyなんだけど。
今回は2chしか使っていないので、
ソフト音源でも聴けると思うけど、どうかな。

後でノートPCで聴いて見るとしよう。

で、今回の曲はピアノしかないので、
キーを叩く強弱で表情を出す、ということをやってみた。

まぁ、原曲の感じを再現してみた感じなんだけど。

ここでピアノが弾ける人なら、
タッチレスポンス機能(キーを叩く強さを認識する機能)のある
リアルタイムにキーボードで弾いてデータ化してしまうだろう。

でも、私の場合、ピアノが弾けないですから!

そんな私でも、数値入力でなら強弱をつけられる。
ビバDTM。

これやってて思ったんだけど、感情とか雰囲気とか、
そういうものを数値で表現できるとしたら、
やっぱし、機械のロボットも将来感情を持ったりする
(今も持っている)可能性はあるんだよね。

表面上は、音楽、というもので具現化してるんだけど、
その裏に結局、数値で決定される要素があると。

逆に考えれば、人間も、実は数値に支配されて
考えたり行動したりしている可能性がある、ということか。

DTMに意外な哲学が。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/1701

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
宿・ホテル予約ならじゃらんnet