希望率

| コメント(0) | トラックバック(0)

何かをやりたいと思っても、
それがなかなか実現しない、できないことの方が多い。
それは、殊に壮大な夢のような話でなくとも、
日常において、
例えば、部屋を掃除したいなぁ、なんて思っても、
それが即座に実現というわけにはいかない不条理みたいな。

まぁ、そういう能動的に実現できることもそうですが、
さらに問題は、運命のようなもの、とでもいうか。
意図的に操作不可能な実現なのですよ。

例えば、車を運転していて、
次の信号が丁度良く青にならないか、と思うと赤になったり、
逆に、CDの入れ替えがしたいので、次の信号赤にならないか、
などと思うと、青だったり…。
食パンにバターを塗ったやつをうっかり落とすと、
バターを塗った側が下になったり…。
前を歩いてるお姉ちゃんが、
私の行こうと思う方向にことごとく行ってしまうので、
何だか私がそのお姉ちゃんをストークしてるみたいになったり…。

要は、望んだことと逆のことが実現されるわけです。
これがね、これまでの経験上、
望んだことが実現される率より高いのですよ。

私はこれを「希望率」と呼んでみたりする。


       (希望した現象が実現した回数)
(希望率)= --------------------------------
       (該当の現象を希望した回数)


この希望率って、必ず50%以下ですよね。
ギャンブルなんか、この希望率にかかっているといってもいいような。

あと、意図とは関係なく、実現されるとあまり好ましくない、
ということが、不意に発生したりすることもある。
事故や病気なんてのはその典型ですが、
ベランダに干してたパンツが吹っ飛んでた、
なんてことも、望む望まないの範疇外という点ではこの部類の話。

これを希望率に考慮してみる。


       (良好な現象が実現した回数)
(希望率)= --------------------------------
        (現象の実現回数の総数)


こうなると、多分、希望率は25%以下になるんじゃないかしら。

このへんのバランスは、
やっぱり、苦痛なことが人生の大部分を占めているのが
理に適っているのかな、とも思うわけです。
だから、それが実現されたとき、嬉しいと思える…。

よく見れば、希望の「希」という字は、
「まれ」という字でんがな…。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2009

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading