ネクタイを買いに

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の場合、朝はずっと寝ぼけている感じなのだけど、
今日は輪をかけてボケていた。

会社へ着いてコートを脱いで席へ付く。
ハッと気づくと、あれ、何かないな、と。
襟も第一ボタンはずれてなんともだらしない状態。
ネクタイしてねーじゃん。

でもまぁ、基本作業着の職場だし、大丈夫か…。
と、そこに同僚の会話が。

「今日お客さん来るんだよねー」
「うち関係あるんでしたっけ」
「うちのつくった部分も見るって話だからさ」

うは。そうだ、お客さん来るんだった。
私は、そこへしゃしゃり出ていくこともないだろうと思うけど、
しかし、希望率ではないが、
そうなって欲しくないと思うことに限ってそうなることは多い。

とりあえず、職場から一番近い洋服屋をサーチ。
近くて電車で1駅のところにあるコ○カ。
駅から徒歩7、8分くらいらしい。

よし勝負!

さりげに席を立ってトイレにでもいくフリをして、
廊下へ出たら猛ダッシュ!
駅まで徒歩10分少々をほぼ全力疾走で約5分にて走破。
駅につくと丁度良く電車が滑り込んできた。
それに飛び乗り約1分。
着くなり電車を飛び出し改札を抜け、
まるで太陽にほえろの刑事みたいにノーネクタイの走る男である。
目的のコ○カまで疾走約3分。
目に入った1本3000円のネクタイをつかんでレジへ。

「ネクタイ2本目から1000円になりますが…」

うむむ、それはおいしい話だが、
とりあえず今の私はトイレ中の身である。
1本で…といって、そのまま店を飛び出し、
再び駅まで太陽にほえろで約3分。
またまた丁度よく電車が滑り込んできて、飛び乗り約1分。
駅から会社まで、もうそこまでくると
さすがに運動不足な私はヨレヨレで、7、8分。
会社に帰ってきて、汗を拭いて
はずんだ息が落ち着いたところで、
ちょっと長めなトイレから帰還した風に着席。

もちろんそのときの私はネクタイ姿。
…ちょっと吐きそうだった。

ふ。やればできるもんですな。
まさか、同僚達も、
私がその数分間、となりの駅の洋服屋までいっていたとは思うまい。
かなり運もあったけど(電車が丁度よくなければもっとかかった)。

実際は、私がお客さんの前へ出ることはありませんでしたが…。
つーか、ちゃんとネクタイくらい確認して出かけよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2010

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
キャビンアテンダントが開発!JALショッピング