起こりやすさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

起こりやすさ、起こりにくさ、
ということについて考えてみようと思うのです。
希望率の話が、今ちょっとマイブームなもので、
それに付随して、こんな考え方もあるかなと。

何かが「起こる」ことには、
理論的(数学的)に「確率」というものがありますね。
確率というのは、それが起こった回数を、
それが起こりうる最大の回数で割った数値、
という言い方で(とりあえず)良いかと思うんだけど、
これは、それの「起こりやすさ」にイコールではない!
そんな気がするというお話ですよ。

例えばです。
口の大きなゴミ箱にゴミを投げ入れようとするわけです。
そのゴミは、箱の中に入るか、その外側へ外れるか、
確率的には、
そのいずれかが実現する数値が圧倒的に高いはずでしょ。
でもね。
ゴミ箱の口の「淵」にヒットするわけですよ。ゴミが。
どう計算しても、そこにヒットする確率は低いですよ。
実際にね、何回か投げてみれば、
そりゃ、入るか外れるかの回数が多くなるわけですけど。
重要なのは、それをしようと思ったその瞬間、
それが起こることの「起こりやすさ」です。

要は、ここぞ!というときの確率です。

しゃーっ、と自転車で走っているときに、
目に虫が飛び込んできたときにね、
顔の面積がこれだけあって、そのうち目はどれ程よ!
って突っ込みたくなったときのあの気持ちですよ。
あるいは、
ドアを開けて部屋に入ろうとしたときに、
入り口に足の小指を思いっきりぶつけたときとかね。
入り口はこんなに広いのに、
どうして、まさにそこにヒットさせるか、と…。

確率的に、それが起こることは稀な方であるのに、
それが当該の人にとって負の方向の事象については、
その瞬間、その起こりやすさは飛躍的に上昇する!

そんなことを思う最近…。

(何かいいことないかなぁ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2016

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading