回想

| コメント(0) | トラックバック(0)

その日も祖母に連れられて、
家から程ないところにある畑へやってきていた。

祖母は、畑に成っている茄子やキュウリを獲り、
もう何度も使っているだろうと思われる
しわくちゃの買い物袋にそれらをつめている。

私はその傍らで、
畑のわきを流れる川(おそらく用水路)のほとりにある草を
摘んでは投げて、というような意味のないことをやっていた。

陽気である。

まさに田舎の昼下がりという感じで、
車もほとんど通らないそのあたりは、
茄子やキュウリを詰めるビニール袋の音と、
水の流れる音しかない。

ときおり、空をプロペラ機が、
ぶーん、と低い音をたてながら飛んでいく。

ふと遠くに目をやると、
青空の彼方に、銀色に光る何かが飛んでいる(…ように見える)。

UFOだぁ。

UFO!?

…いや、子供というのは、
見たものを、頭の中にある何かと一致させて
そのまま解釈してしまうのですね。

これは、私が保育園へ上がる前くらいの記憶。
あの頃は限りなく平和だったなぁ、と。
まだまだ未熟で未経験で無学で。
世の中がどう動いているかも全く知らず、
出会いも別れもなく、
自分と家族以外の存在は全て未知。
悩みも不安もなく、あるのは希望と可能性だけ。

できることなら、
この経験と知識をもったままあの頃に戻りたい…。
一度は誰もが思うことだと思いますけどね。

今の自分に100%満足している人はそういないだろうけど、
それでも、偽りのない自分の正義が信じられる人は、
幸せなんじゃないかと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2019

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
ワイヤレスLAN搭載のノートPC [120x600]