VC++6.0からVC++.NETへの移行ガイド

| コメント(0) | トラックバック(0)

ええ、やってみた感じですが…

従来バージョンとの互換性は高いぞぅ、と唱っているMSですが、
はっきりいって互換性ないです!

Visual Studioの6以前のバージョンと.NET以降の話ですがね。
VBは問題外としてですね(全く別の言語になってマス)。
C++ですよ。
まず、C++の標準ライブラリ、あるいはランタイムライブラリが
従来通りの使い方で使えなくなっています。
sprintfなんてよく使う標準関数でさえ、
外部シンボルが未解決とかいうエラーでリンクエラーになるんよ。

何でも、よりC++標準に近くなったという話ですがね。
今まで作った資産がそのまま使えないというのはとてもイタイのよ。

あと、ガベージコレクションとかいうアーキテクチャで、
メモリ管理を自動化したのはいいけど、
おかげでメモリを直接いじりにくくなってしまったと。
安全っちゃ安全でしょうがねぇ。

今までのC++をそのまま書けるのは書けるんです。
ええ、書けます。
でもね、そうして作ったプログラムってのは、
.NETの新しい環境で利用できないんすよ。
どういうことかというとですね、
.NET Frameworkというのが今後の主流になるらしいですが、
その環境から、
例えばC++標準ライブラリで作った関数とかクラスが
そのまんまじゃ使えないんですよ。
マネージドクラスとかなんとかでラップしてやる必要があると。

いえ、私がまだよく理解してないだけでしょうけどね~。
簡単に移行できると思っていたら、
そう簡単にいくものではなかったということで大騒ぎなんすよ。
MSの売り文句にまんまとハメられたっちゅうか…。

とりあえず、今は
VC++6で作ったスタティックライブラリを
.NETのクラスライブラリ化しております。

ネットワーク系は大分楽になってる感じだけど、
メモリ管理とスレッド系が厄介そうだよなぁ。

くぅ…。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2094

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading