その理由

| コメント(0) | トラックバック(0)

何事も究極に突き詰めて考えると、ぜーんぶ一切合切
みんな意味ないじゃん、て思えるようになってしまいます。

例えばね。
何かを便利にするある文明の利器があったとしましょう。
まぁ、社会の交通を支える電車なんてどうでしょうか。
「電車」。
もうアタリマエにそのへん走ってますわね。
(うちの田舎は走ってませんが…)
この電車が走るということは、
当然乗客を目的地(の最寄駅)まで運ぶという使命があるわけです。
で、その乗客はなぜその目的地まで行かなきゃならないんだというと、
その先に仕事なり遊びなりの用事があるからです。
で、じゃ、人は何故仕事をするのかといえば、
それは生きていくためにお金を稼がなきゃならないからです。
では、なぜその人は生きていかなければならないのか、というと…

何故でしょうね?

とにかく人は生きなければならないという最終目的があるわけですが、
生きるのに理由は必要ないのでしょうかね。

人に限らず、生あるものは皆生きています。
そこで生命活動をしています。
食べて、繁殖して、これを繰り返す。
次世代につないで、また同じ活動の繰り返し。

何故そんなことをするのでしょう?

生き物に限らず、
全ての存在がそこにある理由というのは、実はありません。
そこに在らねばならない。
そこになくてはならない。
そんな理由はないけれど、しかしあるのです。
あるから、その存在を私たちは認めます。

結局、宇宙というのは、在るだけのもの、なのでしょうかね。

しかし、人間は知性を持って、
それが何故、どうして、どんなふうにと問うようになった。
それを問うのが知性。
しかし知性などなくても、
そのような真実は最初からそこにそのようにあるはずなんです。

…本当に、あるんでしょうかね。

実は、知性というのは、
世界を形作っている造物主なのかもしれない。
発見によって世界が、宇宙が広がっていく…。

何らの知性もこの世に誕生しなかったら、
宇宙というのは「観客のいない舞台」のようなものだったのか。

その舞台では、
観客はいなくとも、やはりそういう演劇は展開されていたのか。
それとも、観客がそれをみなければ、
その(宇宙の歴史、宇宙の姿という)演劇はなかったのだろうか。

目下、私たちは自分たちの利害で行動します。
自分が今何をやりたいか、
あるいは、組織が、社会が今何をやる方向に進んでいるか、
それに沿った行動をとります。
それに理由を問いませんね。


そうして存在し、行き続けている自分、
あるいは社会の人々がとても不思議に思える瞬間が稀にあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2105

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
宿・ホテル予約ならじゃらんnet