お線香

| コメント(0) | トラックバック(0)

ほんっとどうでも良い話なんですが。

今、ふと頭に浮かんだので書き記す哲学(?)。

お線香、あるじゃないですか。

仏壇やお墓に供える、緑色(黒っぽいのもある)の細長いやつ。
そんなん説明せんでも分かるって。

とにかくお線香。

あれは、当然お店から買ってくるものじゃないですか。

それを買うときに、人は何を思うのかな、と。

お線香にグレードがあるとしたら、
当然ハイグレードなお線香は高いのでしょう。

だからって、
「線香なんてみんな一緒ジャン?」
なんつって安いのを選ぶのもどうか。

やっぱり高い線香を買うのが、
仏様を敬う態度としては妥当なんじゃないか。

人としては、やっぱり高いお線香を選ぶ率が高くなるのか。

そうすると、
安い方が売れる、という通常の市場原理が通用しないかもしれない。
お線香の市場は、高いものほど売れる?

いや、高ければ良いというものじゃない。
お線香の主な機能は、やはりその煙の香りを出すことだろう。
しかし、良い匂いとか、そういうのは好みであって、
その機能が、それを選定する決定打にはなりにくい。

死んだ人に「どの匂いがお好き?」なんてきけないし。

じゃ、付加機能をつけるか。
このお線香は、なんと蚊取り線香としても機能します!

じゃあ蚊取り線香を買うよな…。
というか、仏壇やお墓で、
あの蚊取り線香がもうもうと煙を上げているのはどうだろう。

うーむ。

考えれば考えるほど気になるお線香市場。


ほんっと、どうでもいい話。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2361

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
エプソンダイレクト株式会社