ゲド戦記

| コメント(0) | トラックバック(1)

そんなわけで、とりあえず観て参りました。

スタジオジブリ最新作。
宮崎駿の息子である吾郎氏の初監督作品。

といいつつ、前評判はかなり悪いみたいで、
あまりに酷い酷いという話しか聞かないので、
逆に怖いもの見たさという感じで行ってきたわけですが。

第一印象。

これは“ファンタジー”ですかね。

つまり、剣と魔法の世界というか、
ゲームでありがちな世界観をアニメ映画にしたっぽい、
て感じ。

んー。

私はゲド戦記の原作を知らないのですが、
その観点から見るなら、
それなりに楽しめる作品でした。

この作品が酷評される理由は、
大きく2つあるように思います。

1つは、ゲド戦記の原作を知っている人が見たら、
「こんなのゲド戦記じゃないっ!」
という苦情が上がるだろうこと。

もう1つは、宮崎駿作品を知っている人が見たら、
「こんなの宮崎作品じゃないっ!」
という苦情が上がるだろうこと。

両方のファンの期待を背負って封切られたは良いけど、
どちらのファンも満足させられなかったということで、
その中途半端さ故に悪評が立ってるんでしょうと。

なので、これを観る前の心得として、
次の2つを前提に観ることをお勧めしておきます。

一つ、これは「ゲド戦記ではない」ということ。
一つ、これは「宮崎駿作品ではない」ということ。

あくまで、宮崎吾郎という別の人が作った
ひとつのファンタジー作品として観ましょう。


とりあえず、私の感想を以下に書いておきます。

# ネタバレになりますのでご注意。

私なりの総評。

ストーリー、脚本は三流。
「ゲド戦記」という原作の要素をなるべく使おうとしているな、
というのは、まぁタイトルをそうしたのだから、
理解できないではないのだけど、
無理にそこにこだわることもなかったんじゃないか。

多分、テーマは“命”なんでしょう。
だから、それを演出する要素だけあれば良いのであって、
魔法とか竜とか真の名前とか影とか、
いろんな要素を無理やり使って、
逆にストーリー自体が解りにくくなっている印象。

作画については、とりあえず安心できた感じ。
これは、やっぱりジブリ作品ということですかね。
それほど気になるところはなく、
丁寧に描き込まれているのはさすがです。

ただ、最後のシーン、
クモが崩れていくあの絵だけちょっと気になった。
まぁ、あれをあまり丁寧に描き込むと、
ちょっとグロい絵になちゃうだろうなーとも思うので、
お子様が観る事も考慮して、わざと雑に描いたのかなとも。

個人的に、
ルパン三世のクローン人間マモーのラストシーンを思い出した。(笑)


以下、気になった点。

まず、最初にいきなりアレンが父親を殺すんだけど、
あれの理由が最後までわからなかった。

アレンは二重の人格を持っていて、
その片割れである「影」というのがとりつくと、
凶暴?になって暴れるのかなとは解ったけど、
その「影」にも理性はあるらしく、
その線からするなら、あそこで父親を殺すのにも、
何か理由があるはずじゃないのか。

で、魔法の剣の意味がよくわからなかった。

アレンが父親を殺してまで奪った剣だけど、
その剣の意味が、これまたよくわからん。
最後で、鞘から抜けなかった剣が抜けたのだけど、
それが抜けた理由もよくわからん。

ところで、魔法って?

あの世界で魔法が重要な位置にあることは、
まぁなんとなく解ったけど、
その魔法が特別活躍するといったこともなく。
真の名前とやらがわかれば、
それを操ることが出来るのが魔法、という解釈で良いのか?

「影」って?

もうひとりのアレンである影とやらの意味も、
結局のところよくわからない。
とにかく体を求めてさまよっている、
闇の側にある精神?なのでしょうかね。

あと、竜って何者?

初っ端にいきなり登場して派手なバトルをして、
そのまま流されてる感のある竜。
最後にも登場してくるけど、
テルーって実は竜だったってオチ?
だとしても、その意味がやっぱりよくわからん。

とにかく、そういう難しい背景を持った世界ではあるけど、
命というのはかけがえのないものだぞ、
というメッセージだけは理解できたので、
上にも書いたけど、
そのメッセージだけを押し出す要素だけ使えばよかったのにな、
というのが、私の素直な感想です。


「千と千尋の神隠し」を観たとき、
私は、これって一体何をいいたかったんだろう?
という第一印象を持ったんですけど、
この作品に関する宮崎駿監督のコメントで、

 どんな話だったかなんてどうせ忘れちゃうでしょ。
 だから、とにかく何か不思議なそういう世界があったんだ、
 ということだけ覚えといてもらえたら良いんです。

というような話をしていて、
なるほど、そういう発想はなかったなぁ、と
意表をつかれた思いでした。

この作品も、ストーリーや世界観よりも、
どちらかというと、
そのメッセージだけ伝われば良い、というものなのかしらね。


とりあえず、
普通にファンタジーとしては面白いと思いました(私はね)。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2405

音ブログ@音楽情報マッチング - 映画『ゲド戦記』 感想 (2006年8月 6日 00:51)

内容的にはジブリ作品としては久しいファンタジーものとして、期待に胸を膨らませていたもののとある有名な映画評論家のサイト 続きを読む

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
アイオーWebパイロットエディタ5