不安は人の安定

| コメント(0) | トラックバック(0)

 うまくやろうとするならば、
 その秘訣は適度な不安を選ぶことだ。
 極楽トンボとノイローゼの間のどこかに、
 私たちがとるべき精神状態があるはずだ。


これは、カール・セーガンの言葉だけど、
実際その通りだと常々思っている。

ほら、不幸の法則も、その一端だと思うわけで。

何かを不安に感じる、感じていることって、
イコール生きていること、ではないか。

何にも心配事がなくなるって、それこそ極楽トンボであって、
それって人のあるべき姿としてはナシなんじゃないかなって。
多分、悩み事がなくなるっていうのは、
気が狂うのと大差ない状態じゃないかな。

かといって、あまり過剰に不安に苛まれるのは、
精神衛生上もよろしくない。
だから、適度な不安というセーガンの言葉は言い得てて、
常にそういう状態であって然るべきじゃないか。

人であれば、自分のことも心配事がたくさんあるだろうけど、
自分以外の誰かのことを心配する、ということもある。

例えば、身近な人とか、親とか子供とか友人とか、
恋人とか配偶者とか、いろいろな仲間のこととか…。

そうして心配しなければならない他人がいることって、
逆に幸せなこと、でもあると思う。

これ、直感で理解できるはず。

人同士が完璧に分かり合うということは、多分ない。
どこかに必ず誤解があるし、思い違いがある。
お互い違う人間なんだから、それは当たり前。

でも、違う人間のことを心配することはできる。
そして、その人について不安を感じることになる。

むしろ、違う人間だからこそ、
また、その人のことを理解すべきと思う人であれば、
心配して不安になるのだろうと。

つくづく、難儀な生き物だね。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2417

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
アフィリエイトならリンクシェア