核武装論

| コメント(0) | トラックバック(0)

安倍政権になって、
教育に力を入れるのは良いことだと思っていたのだけど、
一方でちょっと気になる言動も。

 中川政調会長「憲法上は核持てる...現実は非核三原則」
 (Yahoo!トピックス より)

この中川氏だけではなく、他にもちらほらと、
日本が核を持っても良いとか、持つことは出来るとか、
むしろ持つべきだ、などという話が出てきている。

上の記事だと、

 「自衛のための必要最小限度の範囲内にとどまるものである限り、
  核兵器であると通常兵器であるとを問わず、これを保有することは
  憲法9条2項の禁ずるところではない」

といってるのだけど、保有するということは、
何かのときには、それを使う前提があるということですからね。

憲法云々という以前に、そもそも核なんていらんという話です。
核軍縮の議論はあっても、核武装の議論はこれからの時代必要ない。

...という立場じゃなかったのか?日本って。

今、アメリカ合衆国やロシアが保有している核兵器は、
地球上の生命を軽く数回破滅させるだけの破壊力があります。

そして、それを持っている、使うことができる人間は
必ずしも常に正しい判断ができる生き物ではない。

アメリカ大統領も、ロシア大統領も、その他の核保有国の指導者も
みんな例外なく、過ちを犯し得る人間です。

この上、さらに破滅の可能性を増やしてどうするのか。

これは日本だけではなく、地球上の問題として考える必要がある。
核を増やす方向ではなく、減らす方向へ議論を進めないと、
地球はどんどん終末へ突き進んで行くだろうと思うんです。

もしそれが止められないのであれば、
地球はそういう運命であると諦めるしかないのかもしれませんが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2431

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading