喫茶店への道(2)

| コメント(4) | トラックバック(1)

私の密かな夢は
小さな喫茶店のマスターになること。

なんですが、これはとりあえず夢であり
宝くじでも当たったら始めるか?
…程度のモチベーションだったりします。今はね。

でも、これから将来、
ずっとIT技術者としてバリバリやっていけるか?
といえば、どんどん歳もとるだろうし
これまでみたいにはいかなくなってくだろうなーとも思う。

そうなったときに、第二の人生として
こぢんまりとお店をやっていくのもいいかもなぁ…
と、ちょっと真面目に思い始めてたりも。

そんなわけで、
思い立ったときほどのやる気はないまでも、
そうなったときに向けて思ったことなんかを
メモ程度残していこうかな、ということで。


○必要なもの

食品衛生責任者の免許とお金。

あとは商売の知識とやる気、ですな。

衛生士の免許はわりと簡単にとれるものらしいので、
それほどハードルは高くなさげ。

以前思い立ったときに、ある程度の料理を出すとなれば
調理師の免許も欲しいかなーと思って、
調理学校の資料も取り寄せてみたりしてたんだけど、
その費用をみてゲンナリだったので、
まぁ、料理はいいやと、そこは割り切ろうかと。

コーヒーと紅茶と、ある程度の軽食ができれば。

あと必要なのはなんといってもお金ですわね。
先立つものがってやつです。

机上の知識は、
これから少しずつ勉強していくしか。


○どんな店にしたいか

そんなに流行らなくていいんです。

誰でもフラッと立ち寄って
コーヒー飲みつつ新聞や雑誌を読むなり、
軽く仕事や勉強をしてもらうなり、
とにかく気軽にスペースを使ってもらえる店。

私自身にコーヒーの専門知識もないし
これといって何か料理ができるわけでもないので、
飲食店としての機能は最低限を想定してます。

おいしいコーヒーを飲める店、というのではなく、
目指すのは、気軽に休息できる店、ですね。

私自身、コーヒーを飲みながら本でも読みつつ
時間を潰す、というのは
結構好きな時間の過ごし方だったりします。


○儲かるのか

目指すは上のような店なので、
ガッポガッポ儲けようという気はさらさらない。

ただ、自分が生活していけるくらいは
稼げないとマズイわけで、
そこはある程度現実をみないとダメなようです。

立地にもよるけど、
店舗の家賃や光熱費が月30万円程度、
コーヒーやお茶、パン、お米などの材料費が月10~20万円、
(軽食はそこそこに飲み物中心という想定。)
従業員も1人、自給800円程度で1日8時間、30日雇うとすると、
最低でも月60~70万円程度の売り上げは必要。

で、それはあくまで営業費であって、
自分の生活費も稼がないといけないわけで、
それは20~30万円程度は欲しいところ。

なので、月100万円程度の売り上げが見込めないと、
事業として破綻すると予想されます。

となると、客1人あたり平均500円の売りとするなら、
1日60~70人程度の入りがないと厳しいということに。

これ、結構多いよね。

朝7時開店、夜8時閉店の13時間営業という
普通の営業時間を想定をするなら、
単純計算で1時間当たり客は5、6人は必要。

それをどう確保し、どう維持するか。


○コーヒーショップじゃだめなのか

最近は、同じ領域に安いコーヒーショップや
マックなんかのファーストフード店が台頭してきてるので、
そんな中、純喫茶の経営というのはかなり厳しい。

それでも、回転重視のそういう店ではなく、
のんびり自分の時間を過ごせるような
古き良き喫茶店がいいなぁ、と思うわけで。

雰囲気ですね。

私が子供の頃、日曜日の夕方くらいになると、
親父が「コーヒー飲みに行く」といって出かけようとするんです。
で、私は決まって「僕も行く」といって付いて行ってた。

今にして思えば、親父は私がそういうことを見込んで
黙って出かけるのではなく、わざわざそれを告げてから
出かけようとしてたのかも。

そのときにいってた喫茶店で
親父は「ホット(コーヒー)」、私は「レモンスカッシュ」でした。
しまいには、注文しなくても店の主人はわかってて
勝手に持ってきてたりしてました。

大抵、親父は店の主人(知り合いっぽかった)と話し込んでて、
ときどきその会話の中で私のことをいじられているなぁ
と感じつつ、私はひとりレモンスカッシュを飲んでた。

そのときの何ともいえない喫茶店の雰囲気が
大好きというのではないけど、何か心地よかった。

喫茶店というのは、飲食を提供するというより
そういう雰囲気を提供する場所なんじゃないかな
と思うんですよね。

喫茶店のコーヒーがコーヒーショップに比べて高いのは、
コーヒー代+場所代があるってこと。


○どんな店にするか

コーヒーの味に自信があるわけじゃなく、
豆に詳しいわけでもなく、自慢の料理があるわけでもない。

客の回転よりも、ゆっくり過ごせるスペースでありたい。

とりあえず、今のところのイメージはその程度。

やっぱり、何か特徴というか売りがないと、
お店としてやっていくには難があるだろうということは
十分わかってます。

趣味のお店を持つ人もいますね。

音楽好きな人がマスターだったら、
マスターがギターとかピアノとか演奏してたり。

絵や美術品が好きな人がマスターだったら、
店に自慢のコレクションが並んでたり。

鉄道マニアとか写真マニアとか、
そういうマニア心のある人がやると、
店もそういう人が集まる場所になりやすいかも。

さて、私は?

お客さん、科学哲学の話でもしますか。
いや、ないない。

やっぱりフツーの純喫茶になるだろうなー。



…というような夢も、
一攫千金の夢(前のエントリ)と並行して
マルチスレッドで妄想していこうかな、と。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2656

官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 続きを読む

コメント(4)

喫茶店良いですね(*'-')
良い雰囲気の喫茶店に入ると、自分も喫茶店を開きたくなります。
最近、現実逃避で妄想頻度が高いです(´~`)
普段は…美味しいコーヒーが飲めれば満足ですが。

良い喫茶店は、やはりコーヒー一杯にしても、単価が…
スタバとかのコーヒーショップに比べるとやはり高いですね。

土地建物は、住居と兼用で購入、とか…。
なんてわけにはいきませんかねぇ...

店舗兼住居はベストですが
それを購入となると初期費用が。。。(;´Д`A ```

それこそ夢ですねぇ。

これだああああ!
http://tv.yahoo.co.jp/program/190/?date=20090131&stime=1800&ch=8228
好きでよく見ているこの番組。(人生の楽園)
月影さんの話を聞いていたらこれを思い出した。

あ、見逃した。(゚ー゚;

ちなみに、私の理想はこれです。
http://www.tbs.co.jp/manhattan/

店内はドラマですヨ。

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
エプソンダイレクト株式会社