古き良き?

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近のトレンドってやつをいろいろあさってるんですが
その中のひとつでDTM(デスクトップミュージック)てのがありまして。

DTMといえば、パソコン通信というやつが流行っていた頃、
(流行ったといっても広く一般にというわけじゃなく、限定的ですが)
その中で個人が打ち込んだオリジナル曲やらコピー曲やらが
いわゆる“MIDIデータ”として配信されてた時代を思い出す。

そんな私は、やっぱりオッサン?

今はその舞台がインターネットのニコ動とかYouTubeとかの
動画共有サイトなんかに移ってる感じなんですかね。

でも、最近のDTM界隈では
どうやら「MIDIは古い!」ってことになってるらしい?

何でも最近は、あらかじめ1小節か2小節くらいの
“ループ音源”というやつが用意されていて、
それを組み合わせて1曲つくる、というのが流行ってるらしい?

それって、昔あった「ドレミックス」だなーと思ったり。
(わかんないだろうなー)

でも、MIDIデータ作成も、まだ廃れたというわけじゃなく、
MIDI用のサンプリング音源(ループ音源じゃなく1音ずつの音源)も
ちゃんとプロユースに市販されてたりするようです。

ただ、そういうのは買うとン十万円とかするらしい。

それにしても、パソ通時代の最高のMIDI音源といえば
SC-88とか MU100 みたいなハード音源だったんですがね。

今はPCの性能も上がって、そういうサンプリング音源を繋げて
基本的にPCだけで曲を奏でてしまうとか。

# 勿論、外部オーディオに流せばさらに良い音になる。

そういうソフト音源が高性能化していて
ハード音源とソフト音源の立場が逆転してきてる感じさえする。

「ハード音源って、音が安っぽいよね?」

とか。

いや!そんなことはないでしょう?

そりゃン10万とか100万円近い音源に比べりゃ安いかもしれんけど、
ハード音源だって、今でも十分聴けるしっかりした音が出ます。

少なくとも、MSGS(Win付属のMIDI音源)よりは大分高品質。

それで思い出したんだけど、MIDI = MSGSと思ってる人も大分多い。

WinでSMFファイル(拡張子.mid)のファイルを再生すると、
デフォルトでMSGSの音が鳴るからそういう誤解が生まれるのも
わからんではないけどね。

MIDIがショボイんじゃない。それは音源がショボイだけなんだ。

# そもそも、MIDIというのはデータの名前じゃない!
# というツッコミも昔からよくあったけど、それはこの際置いといて。


ちょっと前にミクのバックを打ち込んでましたが、
SC-88のみで今どきの曲(?)をMIDIデータで打ち込んでみた。

私の音感ではコピー能力に限界があったけど
それはとりあえず置いといて、音的には十分でしょ。

ループ音源とか(お高い)ソフト音源も良いけど、
古き良きハード音源での演奏も(今でも)十分良いと思うよッ!

…といいたい、芸術の秋2010なのです。


ちなみに、SC-88って今はヤフオクとかで
ジャンク品なら1000円からあるのね。(動作保証なしだけど)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2789

コメント(2)

MIDIはサウンドカードを変えるだけで、音が全く変わるのが面白かったです。
今もサウンドカード売ってるけど、ほとんど使わない上に、PCでゲームをしていると、サウンドカード由来のエラーでクライアントが強制終了することが多々あります><

そういえば、昔のPC98とかはPC内蔵のFM音源が鳴ってましたね。最大4和音とか。サウンドブラスターとかにすると、ちょっと多くなって6和音とかw

SBは固まりますか。最近はマザボにAC97のチップが標準装備されてるから、よほど音にこだわりがなければそれでコトは足りますね。

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading