IS03が来た

| コメント(2) | トラックバック(0)

昨年末に予約していたIS03がようやく来ました。
てことで、2日ほど使ってみた感じなどをメモしておきます。


○操作

まず、私に取って初のスマートフォンということで、
操作自体に慣れてないせいでいろいろ戸惑いも多かった。

私の場合、タップ、スワイプ、ホールドなどという
タッチパネルの基本操作をまず把握するところからでした。

タップ → タッチ。クリック。
スワイプ → 縦や横に画面を撫でるような動作。
フリック → 縦や横に画面をはじくような動作。
ピンチイン、ピンチアウト → 指でつまんだり広げたりする。
ホールド → 長押し。

ということらしい。

あと、モーションセンサがついてるので、
本体を振るという操作もあります。(シェイク?)


○感度、精度

iPhoneとか他機種を使ったことがないので何ともいえないけど、
どうも動作がワンテンポ遅れてる気がしました。

あと、タッチした場所がよくズレる。

まぁ、これは私が不慣れなせいでタッチが下手なんでしょうけど
例えばWebサイトのリンク文字がなかなかタッチできない。

このへんは慣れでしょうか。

もしかして、タッチパネルに保護フィルムを貼ってるので
それで感度が多少悪くなってるのかもしれません(?)


○最初にやった設定

IS03の初期設定はどうも極力省エネな設定になっているようで、
いろいろな機能がデフォルトでOFFになってたり、
すぐに省電力モードに移行するような設定になってるようです。

15秒間操作なしの状態だとスリープしてしまうのって、どうなのよ。
このままでは、ゆっくりな私には使い物になりません。

「設定」→「サウンド&画面設定」→「バックライト点灯時間」で
時間が、15秒、30秒、1分、2分、10分、30分とあるので、
私はこれを2分に設定しました。(本当は5分が欲しかったんだけど)

あと、充電中の場合はスリープする必要はないので、
「設定」→「アプリケーション」→「開発」で
「スリープモードにしない」のチェックをONにしました。

# これ、このメニューの場所と名前はどうなの?と思いますが…。


○省エネ

IS03はバッテリーの減りが激しいともっぱらのウワサですが、
それって起動したアプリが放置されやすいのも原因な気がします。

AndroidはマルチタスクOSなので複数アプリが同時に動作できる。
で、起動したアプリは明示的に終了してやらないと、
メモリに常駐したままバックグラウンドで動作し続けます。

大抵は「戻る」ボタンでアプリが終了するようだけど、
アプリを起動した起点の画面まで戻らないと終了しないようで、
多くの人は「ホーム」ボタンでホーム画面まで戻るんですよね。

でも、「ホーム」で戻った場合、アプリは終了しない。

IS03の場合、画面全体を縦に二分するようにスワイプすると
現在の通信状態表示やベール設定する画面が出てくるので、
その中の「起動中アプリ」ボタンをタップすると、
そこに今メモリに常駐してるアプリの一覧が出てくる。

そこからアプリの「×」ボタンを押すと終了できるっぽいです。

これを意識するだけで、大分バッテリー持ちが違ってきそう。
そういう管理アプリもあるので導入しておくのも手かな。

Advanced Task Killer : 登録アプリを一気に終了する。
Automatic Task Killer(日本語版) : スリープ移行時に登録アプリを終了する。

あと、GPSとWi-Fi機能はよく電力を食うので、
使うときだけONにするような運用にすると良いと思います。
特にWi-Fiは無線LANスポットがある場所でしか使えないから、
外出時は常にOFFで良いでしょう。


○メール

IS03ではauのezwebメールやCメールがそのまま使えます。
これはauユーザにとって大きい。

あと、AndroidだけにGMailのアプリが最初から入ってるので、
そちらも併用できます。

さらに、PCで使ってるプロバイダのPOPメールも使えます。
が、これだけメールがあると返って混乱しますよね。

私は、PCのメールはBIGLOBEとniftyを使ってるんですが
いずれもプロバイダ側で他のメアドに転送設定ができるので、
全部GMailに流れるように設定してます。

こうすれば、携帯とPCメールで管理が2本だけになるので、
少し楽になるかもしれません。


○ベールビュー

“ベールビュー”って何かと思ったんですが、
横から画面を覗かれないようにする設定みたいですね。

以前は特殊フィルムを貼ったりしてたと思いますが、
今は画面の設定でそういうことができるんですね。


○赤外線通信

これもIS03にしかない機能。
…ですが、私の場合使わないかな。

前の機種が赤外線通信できれば、
旧機種からIS03へのデータ移動などに使えるようです。

私の場合、移行するデータといえばアドレス帳くらいですが
アドレス帳はショップでデータ移行してもらったので、
赤外線をあえて使うことはなかったですね。

量販店での購入で、そういう作業を店でしてもらえない場合は
この機能が活躍するでしょうか。


○Felica(おサイフケータイ)

IS03はFelica自体は実装されてますが、
ローンチで対応してるのがWAONのみなのが残念でした。

SuicaやEdyも今年から順次対応していくとのことなので、
今はそれを期待して待つ感じですね。

今後の対応予定 → おサイフケータイ | au by KDDI

現時点で旧機種にSuicaやEdyなどの残高が残ってる場合は
これを捨てるのはあまりにモッタイナイので、
対応するまで旧機種も破棄しないで保管しておくと良いです。

SIMカード(au ICカード)をIS03から旧機種に差し替えれば
旧機種も従来通り使えるので、EdyやSuicaがIS03に対応したら
旧機種から電子マネーの機種変更手続きをすればOKでしょう。


○ワンセグ

これも従来のスマフォにはなかった機能。

画質はワンセグなのでそれなりですが、普通に視聴できます。
また、外部機器なしにメモリの許す限り番組録画も可能です。

これで私もゲームしながらテレビもチラ見できるよ?


○カメラ

静止画も動画もかなりキレイに撮れます。

957万画素CCDで、AFや手ぶれ補正付きで、動画はHD対応なので
もう普通のデジカメ(専用機)と同じレベルと思って良いと思う。

ただ、手ぶれ補正はデフォルトでOFFになっているので、
有効にするにはカメラの設定でONにしてやる必要があります。


○Androidアプリ

IS03はAndroid端末なので、デフォルトで入ってないアプリも
自分でダウンロード、インストールして追加することができます。

その場合、大抵はAndroidマーケットを使うことになりますが、
これを利用するにはGoolgleアカウントが必要なので、
まずその登録をするか、既にアカウントを持っている場合は
それをIS03にリンクしてやる必要があります。

きっと、この登録作業で、スマフォの特殊な文字入力の
洗礼を受けることになるでしょう(?)

# 慣れないと、最初は結構イラつきマス。


○Skype

私はこれ使ったことないんですが、要はボイスチャットですよね。

音声会話を電話回線ではなくインターネットでやるので、
電話代がかからないという神サービス。

それをケータイ(スマフォ)に載せてしまうauは結構な冒険者ですね。
もう戦略としては、電話代ではなくネットで稼ぐということか。


○mixi

IS03には mixi for SH というアプリが入ってたんですが、
これが私にはどうも使いづらい。

それよりも、mixiは普通にブラウザでアクセスすれば
スマートフォン向けに最適化されて表示されるので、
私はそっちの方が使い良いと感じました。


○Twitter

これもデフォルトで Twitter for Android アプリが入ってますが、
TwitterはよくTwiccaというアプリが推奨されてますね。

Twiccaは、その場で撮影した画像や現在位置情報なんかを
カンタンに添付できるようなI/Fになってるので(それがウリ?)
そういう使い方をする人には良いのかも。

これは、単につぶやきだけならデフォルトのアプリでも
特に問題ない気がしました。


○YouTube

これは今のところデフォルトのアプリで十分な感じ。

多分、探せばもっと良いのが転がってそうな気もしますが、
とりあえず、動画検索できて、それがストレスなく視聴できれば
私の中の要件は満たしているので、しばらくこのままで。


○ニコニコ動画

ニコ動画のプレイヤーはFlash Player 10で動いてますが
これに対応しているのはAndroid2.2からということらしく、
IS03はAndroid2.1なので、残念ながらニコ動は見られない。

春先に2.2にアップデート予定らしいですけどね。
それまではニコ動が視聴できません。

しかし、Flash不使用のニコ動視聴アプリをつくった強者が
いらっしゃいました。

NicoRo α版 : Flash 不使用のニコ動プレイヤー

どうも、nicovideoサーバからmp4やコメントを直接引っこ抜いて
再生してるみたいですね。

キャッシュしてから再生という気の利いた機能もあるし、
Androidアップデートまではこれで十分でしょう。


○いろいろカスタマイズ

上記以外にも、デフォルトのアプリが気に入らなければ
自分好みのアプリを探してきてそれを使えばイイ、
ということができるのも、スマフォの魅力ですね。

ブラウザも、デフォルトのものはありますが、
その使用感が気に入らなければ、OperaとかDlphinとか
Android向けの他のブラウザを使うのも有り。

あと、デスクトップ自体も
IS03デフォルトの「ホーム」が気に入らなかったら、
ADW.Launcher(Galaxyで使われてるやつ)とかを
自分で入れてカスタマイズしたりもできる。

このへんが“ケータイ”と大きく違うところですかね。


○料金

気になる料金は、au端末として2台目ではなく
これを1台しか持たない場合、従来とほぼ変わらないようです。

通話料金のプランはほぼ従来通り(ちょっと安い?)で、
パケット通信料は、従来のダブル定額はそのまま使えるし、
ネット利用中心になる場合は「ISフラット」という
シングル定額(5,460円/月)に切り替えも可能。

まぁ、スマフォにする以上はISフラットにした方が良いでしょう。

ただ、ISフラットにした場合、それに切り替わるのは
契約した月の翌月からになるので、
それまでは従前の契約(ダブル定額とか)になるので、
そこだけ注意とのことでした。

何が問題かというと、ダブル定額だとIS03での通信は
PCサイトビューアを使ったものしてと扱われるのだそうで。

PCサイトビューアを使わない場合の上限 → 4,410円
PCサイトビューアを使った場合の上限 → 5,985円

もともと後者の場合は問題ないけど、
普段PCサイトビューアを使わない人は上限が上がるんですね。

ま、私の場合は問題なしです。


○ということで...

週明けから本格的にメイン機として使っていこうと思ってますが、
やっぱり、しばらく電子マネー機能がないというのが痛いですね。

SuicaとEdyには結構依存してたので。
(むしろ、本当の財布なしでも、携帯があればなんとかなってた。)

その為にいちいちSIMを抜き差しするのも現実的じゃないので、
当面は普通のSuicaとEdyをチャージして使うしかないかな。


あとは、バッテリーですかね。

Webやメールなんかを普通に使ってどれだけバッテリーが持つか。
他にも、音楽プレイヤーや軽いゲームアプリとかも動かしつつ、
あと、GPSを使うときと使わないときの違いとかも見たいですね。
外部の補助電源を持ち歩きながら検証していくとします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2805

コメント(2)

SuicaとEdyはSIMが入ってなくても利用可能ですよ。
携帯から紐付けたクレカからチャージする時はSIMが
必要ですが・・・
コンビニとかでチャージするときもSIM不要です。

なんと!となれば、しばらくは二刀流で行きますか。

情報ありがとうございました。

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading