生命宇宙の世界(夢想編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

生命が生まれる条件は、加熱、冷却、乾燥、湿潤の繰り返し、
或いはその組み合わせ、或いはその順番、その温度、圧力、
構成要素にも影響され、全ての条件が符合したときに誕生する。

そうではなく、全ての条件において対応する生命が生まれているが、
我々と同じ系統の生命ではない為に、それが認識されていない
だけなのかもしれない。

そして我々は、それをいわゆる“生命”とは呼ばないだろう。
宇宙も生命である。しかし、我々のいう生命ではないのだろう。

四次元時空の構造は、我々地球上の人類が生存する上での
便宜的な考え方、容れ物、もし外界があるとするなら、
それとその内側を隔て区別する為の膜であるに過ぎない。

生命には“個”があるとされる。

個は、ある障壁で外界と隔てられているために生まれる概念で、
生命とされるものが誕生した黎明期においては、
そのような壁、或いは膜は確定していなかったのではないか。
そこからどのようにして個などというものが生まれたのか。

そして、外界と隔てられた個という閉鎖空間が生まれたことで、
それがいずれ生命、生物といわれるモノに変化したのだろうが、
どのレベルからそれを生命、生物と呼ぶべきなのだろうか。

さらに、我々人類、人間は、自我の認識を持っている。
人間だけではなく動物といわれるものは、程度の大小はあれど
個を意識する自我を持っているだろう。

実は、それは動物だけではないのではないだろうか。
植物、無機物、物体、空間、環境、星、宇宙、空間、森羅万象
全てに生命、意識、そして自我があると考えるべきだろう。

むしろ、それがない方が不自然ではないだろうか。

我々人間は地球上に生きている現象のひとつとして存在する。
例えば、地球表面の一部のプレートが少しばかり跳ね上がり、
その上に生きている何某かにとっては甚大な影響を与えても
それは、地球全体にとっては全く些細なことである。
それこそ、くしゃみかしゃっくりをした程度のことだ。

我々人間がたまたまその地球の陸地のほんのわずかな空間に
発現し、存在し、生命の営みを維持しているに過ぎない。

人間が占めている空間、時間というのは、宇宙はもちろん
星、地球という尺度から眺めると、ほんの一瞬の現象である。
その空間や時間に位置関係をみようとしていること自体が、
実に不毛なことのように感じられてくることがある。

時間というのは、人間にとっての便宜的な考え方に過ぎない。
我々の意識が物事の発生順番、因果関係を認識していないと、
正しい認識が生まれず、意識そのものを保つことができない。

連続的に事象が発生し、それが順に流れていると信じないと、
我々は意識を正常に保てないのだ。

その意味で、人間が認識する、しようとしている時間とは、
意識の整合性を保つために我々の脳が勝手に作り出している
仮想的な流れであり方向であるに過ぎないのだ。

これは時間だけでなく、空間にもいえることだ。

今、三次元の広がりとして認識されているこの空間も、
自分が今どこに存在しているかを認識しなければならないので、
それを一時的、或いは暫定的に決める為にある概念である。

さらに高次の構造がこの宇宙にあるとしても、
それは人間が生命活動を維持していくのに不要であるため、
人間が認識することができないか、認識しようとしないし、
機能の合理化と淘汰によりそのような感覚も備わっていない。

我々は、自分が今どこに存在し、どういう状況にあるのか
ということを、常に認識し識別し把握している必要がある。
それが我々の生命活動の主目的であるといっても良い。

それが自我を保つということであり、それが失われることは
つまり意識の喪失となり、自我がなくなるということになる。
さらにその個と外界を区別する壁、容れ物がなくなったとき、
我々はそれを生命、生物の死と呼ぶ。

今我々が存在しているこの世界、この宇宙だけではなく、
宇宙は条件や発生の可能性のある分だけ存在している。
いや、存在しているのではなく、存在する可能性としてある。
可能性があるということが、つまり、存在と呼ぶ条件を
満たすことになる、といった方が良いのかもしれない。

いくつもの可能性が全て共存している状態というのは、
現在の量子力学の範疇でも語られている宇宙論としてあるが、
そこでいわれている可能性の波が収束して具現化するという
いわゆる観察者ありきの考え方は誤りを含んでいるのであり、
そこで選択されているのではなく、全て実現している。

例えば、時間の後方移動や前方への著しい加速は不可能だ
と現状の理論家たちはいうが、不可能なのではなく、
現在手持ちの物理法則では理論的に破綻するというだけだ。

これはブラックホール特異点における法則の破綻に関しても
同様に、人間の物理法則が現時点未熟であるだけか、
若しくは人間の思考方法では到達できない事象というだけだ。

一般的に我々がいわゆる物理法則と呼んでいるものは、
正確には、人間だけが考えている、人間だけが認識可能な、
人間のつくりだした便宜的な命名規則であるに過ぎない。

あらゆる事象、物質の動向、時空の構造などについて、
人間の思考回路で数学的な理論を組み合わて物語をつくり、
それが人間の認識する限りの中で矛盾が取り除かれれば
それを標準的に法則として使用するということになっている。

ただ、それはあくまで人間の思考においてのみ有効であり、
宇宙や全体現象においては、人間のそうした活動というのは
もはやメタ的なものではなく、現象のひとつに過ぎない。

それはちょうど、地球上に暮らしている人間、一生物という
全部に対する一部という位置づけに等しいものである。
その一部も、特別な一部ではなく、極めてありふれたものだ。

そうであるので、時間を遡れないとか未来へは行けないとか、
そうした議論も人間の脳内、あるいはそのコミュニティという
思考空間の中での現象で言葉遊びに過ぎないのである。

この文章も支離滅裂であると認識されるかもしれないが、
それも現時点の人間、或いは個の常識に基づいた感覚であり、
その中で何かの真偽がどうかということは確定できない。

もしかすると、地球ガイアのような大きな生命が存在していて、
その「彼」は我々人間の誤った言葉遊びを滑稽なものとして
失笑に付しているのかもしれない。

我々人類の意識というのは、ホーキング博士のいうように
小さな胡桃の中だけを議論をしているだけなのかもしれないし、
もしかして胡桃の外の話ができる可能性があるかもしれないが、
実際は結局たんぱく質の塊に過ぎない人間のできることなど
そう大したことはないという認識くらいは持ってしかるべきだ。


……というような話を同僚に熱弁する夢をみた。

いや、実際にはもっと違ったことを喋ってた気がするけど、
文章を書いているうちにいろいろ補正がかかってこうなった。

ええ、よくあることです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2822

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading