オートボクシング

| コメント(0) | トラックバック(0)

Java1.5からはオートボクシングという機能がついている。

といっても、コードが勝手に殴り合い始めるわけではない。
ボクシングというのはボックス化ということで、
プリミティブ型をオブジェクト型で包む(ラップする)ということ。

プリミティブ型というのは、intとかdoubleとかオブジェクトではない原型のこと。
オブジェクト型というのは、IntegerとかDoubleとか、そういうクラスになってるやつ。

例えば、Java1.5で

Integer iObject = 1;

という代入を書いた場合、暗黙に

Integer iObject = new Integer(1);

という具合に、1という数値がIntegerという箱に入れられている。

そう。箱に入れる。だからボックス化。ボクシング!

参考: オートボクシング - Wikipedia

でも、殴り合うボクシングの語源も箱なんですってね。
拳のことを、古代ギリシアでは"箱"と表現したらしい(?)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/3287

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading