Gamelib

話題の キングダム ハーツIII(KH3)を買いました。

買いましたが「それ、前作全部やってないとワケわかんないよ」といわれました...。薄々そんな気はしつつも、最近のシリーズものはわりとそれぞれ独立してて、KH3もそうであることを微粒子レベルで期待して買ったんですが、やっぱりそうかー、世の中そんなに甘くないか...という感じであります。

何せノムリッシュですからね。

じゃあKH1からクリアしてやるよコノヤロウ!ということで、「キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス」というオールインワンを買いましたよ。何なら「キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」もね。これらを今から走破しようというわけですが、ま、まぁ、長い道のりになるでしょうと...

ただ、私の目的はKH3をやることなので、前作までそんなゆっくりじっくりやるつもりはないわけですな。キャラに感情移入できる程度にストーリーだけ追えれば良いのです。

というわけで、やりこみやら何やらは涙をのんで無慈悲に端折りつつ、いかに最速でクリアしていくかを考えながら攻略していくかってことで、その観点による攻略過程を書き記していこうかな、と。

とりあえず、猛スピードでKH1をクリアしたので、以下そのメモです。


【まずはストーリーをラスボス手前まで突き進める】

KH1は、101匹の子犬集めやらトリニティやら闘技場やらグミシップやらやり込み要素がいくつかあるけど、それらは一部を除き後からでもやれます。

一部、というのは、101匹の子犬集めの中で1箇所(3匹)だけ取り返せない場所にいるので、そこだけはストーリーやってる中で回収しておきたい(この後詳述)

それ以外は、取り逃してもアイテムや素材くらいなものなので、仮に宝箱を取り逃したところで、敵からのドロップや合成などで取り返せたりします。なので、上記の子犬以外の要素は(ストーリー進行上支障がない限り)とりあえず全スルーで最後のワールドまで進めると良いです。


【エアロが優秀&子犬41・42・43】

ボスやレアハートレスなど、強敵戦ではエアロがかなり重宝します。

どう重宝するのかというと、KHにおけるエアロは、風の鎧を身にまとうような使い方になっていて、これをかけておくと、防御力が飛躍的に上がり、かつ、触れた敵にダメージもあたるという、とてつもなく便利な魔法になっているわけです。

KHの魔法はノーマル(ファイア、ブリザドなど)、ラ系(ファイラ、ブリザラなど)、ガ系(ファイガ、ブリザガなど)というように3段階に強化できます。で、エアロも例にもれずエアロラ、エアロガと強化できるわけですが、この優秀さゆえにやはりエアロガまで強化しておきたい。

ただ、エアロガを習得するためには、やりこみ要素の一つである101匹の子犬集めで、全ての子犬(99匹)を発見する必要があります。これが最速クリアする上でかなり面倒。面倒だけど、やる価値はありです。

大抵の子犬は後からいつでも行ける場所にいるのだけど、1箇所だけ、ハロウウィンタウンのブギーの屋鋪は、クリアするとマップが崩壊してしまうので、後から行けなくなります。そしてタチの悪いことに、その場内の宝箱に子犬がいる。これはしっかり回収しておかないと、エアロガが習得できなくなります。

ブギーの屋鋪で、3匹の小鬼を倒すイベントがあります。その後スイッチを操作して屋鋪の仕掛けを動かすと行けるようになる場所があるので、これらはこの時点で全て探索すること。その中に子犬41、42、43もいます。


【レベル上げ】

レベルを上げれば上げるほど楽になるのはKH1でも同様。

ストーリーをラスボス(アンセム)手前まで普通に進めれば大体レベル40くらい。ただ、アンセムは40くらいだとわりときつい。60以上にはしたいです。

まず「100エーカーの森」を最後までやってEXPリングをゲット。「ハロウィンタウン」で、広場→墓場→高台→吊橋→ブギー屋鋪跡→吊橋→広場を周回。屋鋪跡に出没するキマイラがガンガン雑魚呼び寄せるので、そこでかなり稼げます。

キマイラはエアロをまとってガンガン叩くだけで倒せる。ここでもエアロの優秀さが光ります。

ときどき吊橋の下にレアトリュフが出現することがあるので、これもエアロをかけて一番端っこのやつを壁まで追いやってそのままエアロで弾き続けてアイテム稼ぎ。端っこ以外のやつは、ぶっちゃけ打ち上げ続けるのは難しいので放置。


【エリクサー万歳】

大抵の敵は、エアロをまとって近接物理攻撃で殴り続ければ勝てます。

ただ、そうはいってもダメージゼロではないので、長期戦になると回復しつつということになる。その際はポーションやハイポなどというケチくさいことしないで、エリクサーでがっつり回復したら良いと。

このゲームは、エリクサーがそこまでレアではなく、ワイバーンやディフェンダーあたりがちょいちょいドロップします。どちらも後半トラバースタウンに出現するようになるので、そこで稼ぐと良いです。アイテム稼ぎの際は、ドナルドとグーフィーにラックアップをつけておくと吉。あと、ハロウィンタウンのレアトリュフもレベル上げついでに。

ラスボスも、基本はエアロ→物理で殴り→危なくなったらエリクサーでゴリ押しでした。


【プレイ後記】

最初に、剣、盾、杖の選択があるのですが、これは杖を選ぶのが正解らしい。私は厨二よろしく剣を選んでしまったのだけど、杖を選べば魔力が底上げされて、MPも増えるらしい。KHはエアロをはじめ魔法がかなり便利で、最初の方のボスはほぼファイア連打で勝てたりもします。確かに、魔法特化であれば、エーテルひっさげて魔法ゴリ押し戦法の方が楽だったのかなと、クリアしてから思いました。





    

久々にゲームブログを書きますよ、と。

[FF11公式] 発表会ダイジェスト
[square-enix.com]

2002年5月の正式サービスインから始まり、ここまで13年以上に渡ってサービスが続いているスクエニ初(当時はまだスクウェアだったけど)のMMORPGであるファイナルファンタジーXI(FF11)。当初の対応機種はPCではなくPS2というコンシューマ機向けであったこともMMORPGとしては新しかった。その後Windowsにもリリース、まさかのXbox360にもリリースされ、北米をはじめとした海外展開も始まり、全てのプラットフォームが同じサーバに乗り入れるという、そのへんの意味でも偉業(異業?)を成し遂げてきた作品といえるのではないか。

そのFF11が、ここにきて上記記事にある発表ですよ。内容をざっくりいうと、次の3点。

1. 最終シナリオの実装とPS2、Xbox360 へのサービス終了
2. FF11の世界観を使ったスマホ向けオンラインRPGの発表
3. スマホアプリとして制作されるFF11の発表

以前、FF11 Windows版でDualShock3(PS3のコントローラ)を使う方法を書きましたが(参照)どうも巷ではDualShock4(PS4)の評判が良いので、こちらも使ってみることに。まぁ、DS3とほぼ同じなんだけど、DS4はもっと簡単でしたよと。いろんなところにその手順は書かれてたけど、それらをまとめた結論だけ以下にメモしておく。

1. Xbox360 Controllerのドライバをインストール
2. ScpServer をインストール
3. DualShock4 をPCにUSB接続
4. ScpServer を起動

これだけ。これで、各種ゲームを起動すればそのまま DS4 が使えますと。

ScpServerというのはDS3でも同じようなものが出てるけど、おそらくDS3やDS4をXbox360のゲームコントローラとして使えるようにするためのドライバ。なので、まず本物のXbox360ドライバを入れないと動かない。

Xbox360ドライバはこちらから入手してインストール。
http://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/d/xbox-360-controller-for-windows

しかる後、ScpServerをこちらから入手してインストール。
http://forums.pcsx2.net/Thread-DS4-To-XInput-Wrapper

このページの「Attached File(s) 」リストの一番下にある「DS4Tool 1.2.2.zip」というファイルをダウンロード(バージョンは多分今後上がると思うので、一番新しいのを使えば良いと思う)。

zipなので、展開してその中の「Virtual Bus Driver」というディレクトリ下にある「ScpDriver.exe」を起動。で、「Install」を押す。

上記2つのインストールが終わったら、DS4をUSBで接続して、上記で展開した中の「ScpServer.exe」を起動する。画面一番上の「Controller 1」というのが有効になってれば使えるはず。

なお、「Options」からさらに詳細な設定ができるけど、そのへんは使って覚える。DS4にはタッチパッドがついてるので、その設定もここからできるようですよ。

ちなみに、上記手順はUSB接続でしか試してない。Bluetoothのレシーバがあればそちらでの接続にも対応するはずだけど試してない。あと、Windows7でしか試してないけど、これは多分XPや8とかでも同様に可能と思われ(XPはもうないか)。

《追記》FF11での注意点
FF11の場合、PS2ではL2、R2でマクロパレット表示なのだけど、ScpServerを使ったDS4のL2、R2はなぜかFF11 Configで設定できない(Z軸入力になっているため)。といって、ScpServerを使わないと(デフォルトのXbox360コントローラのまま)右スティックがZ軸回転に割当っている(L2、R2がX軸、Y軸回転になってる)ので、カメラ操作がままならない。

ここはやはりScpServerを使う方がやりやすいのだが、マクロパレットが開けないのは泣けるので、前の記事で書いたように、あまり使わないボタンをL2、R2に割当てて、それをマクロパレットを開くボタンにする。

ここは人によるとも思うけど、おそらく、Backボタン(メニュー非表示)とStartボタン(ログアウト)は普段あまり使わないので、この2つに犠牲になっていただく。ScpServerの「Option」を押して詳細設定画面を開き、さらに「Custom Control Mapping」ボタンを押してキーアサイン画面を開く。そこでL2ボタンに「Back」を選択(ShareボタンがUnboundになる)、R2ボタンに「Start」を選択(OptionsボタンがUnboundになる)、この状態で「Save」し適用する。次にFF11 Contigを開き、ゲームパッドの設定でマクロパレット(Ctrl)にButton7(Shareボタン)、マクロパレット(Alt)にButton8(Optionsボタン)を割り当てる。

とりあえずこれでPS2と同じ感覚で操作できるようにはなるかなと。

私はFF14(いわゆる旧FF14)と新生FF14、いずれも序盤だけプレイして、その後放置という経緯になってしまっております。旧については、それを中断した理由はいわずもがなだと思いますが、新生FF14についていえば、かなりよく出来た作品だと思ってます。が、なぜそれに戻れずにいるのか...?それについてちょっと書いてみようかなと。

FF11でもその傾向はあったんですが、新生FF14になって尚その色が濃くなってきているように感じることが、ネット全盛時代である今どきのMMO故なのか、多人数コンテンツは、それに参加する前にネットで"予習"してくることが前提になっている空気であるということ。

あるパターンを抑えれば攻略できるボス戦であったり、メンバそれぞれが一定の役割をガッチリこなせば攻略しやすいギミックの多いダンジョンであったりとか、そうしたものは、まずwikiなりネット動画なりでその動きや攻略法を予習した上で参加してくれたまえという風潮が、正直私は嫌い。

だって、MMOといえど、FF14はFFですよ。RPGですよ。一応それなりに作りこまれたストーリーもあるのに、それよりも攻略の方が優先されて、イベントとかはすっ飛ばすのが当然みたいなのはないですよ。ムービーとかもゆっくり見たいし、折角声もアテられてるんだから、キャラのセリフとかもちゃんと聞いてあげたいじゃないですか。

...と、まぁそういうのもあるんだけど、何より、まず攻略方法を知ってからプレイするのって、それはゲームといえるんですか。いや、その攻略方法通りに立ち回れるかどうかをゲームというならそうかもしれないけども。

ヘタクソの僻みと取られることも覚悟の上でいいますと、やっぱりゲームは初見で何も知らない状態から自身の体験によってその攻略方法を見つけていく過程こそがこういうゲームを遊ぶ上での醍醐味じゃないかと思うわけですよ。

でも、今のFF14は、そうじゃない人もいるのでしょうけど、大多数は予習有りきで、そうでない人はボロカスいわれる空気ってあると思うんですよ。或いは、経験の薄いプレイヤーを熟練者やいわゆる廃プレイヤーが見下す空気というか。そういうのがある以上、またFF14を再開しようという気が起こらないわけで。

そういうのを分かってくれる気心知れた仲間がいるなら別ですが、今のところあの世界にそうした知り合いはいないんだな。いてもFF11からの知り合いが数名。

冒頭にも書いた通り、新生FF14という作品自体は本当に良くできてると思います。グラフィックもストーリーも各種コンテンツも、そして運営のサポートなんかみても、旧FF14の失敗に凝りてか、昨今のMMOの中でも群を抜いてトップレベルの品質だと思うんです。が、そのプレイヤーたちがどうもアレなので、何かねぇ...という感じが。

やっぱ、MMOの世界や空気をつくってるのはプレイヤーなんですよね。一緒に遊んでる人とうまく付き合えたら、コンテンツ自体が多少腐ってても、それをネタにするくらいの勢いで笑い飛ばしながら遊べたりするものだと思うんです。

もちろん、FF14もCFや他の人のシャウトなんかに乗っかって何度か野良PTに参加したりして、ミスや不慣れなプレイでも楽しくやれたPTもありました。でも、体感で3分の2以上くらいのPTは、神話だか哲学だかを集める作業してる感じというか、プレイがおぼつかないメンバがいたりするとあからさまに不機嫌な発言するようになったりみたいな人がいた感じで、いわゆるギスギスオンライン状態に陥ってた気がするんだよなぁ...。私の運が悪いのかわからないけども。

ストーリー重視、予習不要、むしろ予習するな!みたいなメンツにめぐり逢えたら、私もFF14戻ろうかなという気になるかもしれませんが、それまでは本格的に再開しようという気にならないかなぁ...。たまに気が向いたらソロプレイしてるかもしれませんが。

これまでFF11をPS2版、若しくはXBOX360版でやっていたのだけど、
PS2版のSD画質はもう時代遅れとか、あの解像度は今となっては狭いとか、
箱○は決定取消ボタンが逆とか、エリアチェンジ後のフリーズ問題とか、
いろいろあってWindows版に移行することになったよって場合のメモ。

まぁ、私はこの1、2年ほど(?)は箱○でやってきたわけだけど、
あの悪名高い純正コントローラの十字キーの呪縛から逃れるために
サード製(某HORI製)のコントローラを使っておりましたのですが、
そのアナログレバーがこの度お亡くなりになられたということで、
コントローラ買い直すくらいなら、Win版にしちゃおうかなってことで。

やることをまとめると、

  1. PS2、XBOX360でつくったマクロをサーバに保存
  2. DualShock2、DualShock3のドライバをPCにインストール
  3. DualShockのキーをカスタマイズ
  4. Windows版FF11のインストール
  5. FF11 Configで細かい調整

このくらいかな。

ちなみに、当方の環境はXBOX360→Windows7(64bit)です。
(参考までにPS2のことも考慮しつつ書きます)

アニメ化されるとか何とかで話題になってたので、
ちょっとやってみたところハマってしまい私の中で話題騒然。

ダンガンロンパ1・2 Reload 対応機種:PSVita CERO年齢区分:D ジャンル: ハイスピード推理アクション 発売日:2013年10月10日 価格: パッケージ版 4,980円(税抜) プレイ人数 : 1人

要は逆裁的な推理モノなんだけど、
この作品はちょっと独特な世界観とシステムになっていました。

ダンガンロンパ1と2は、
それぞれ単体でPSP向けに発売された作品なんですが、
それらに追加要素を加えて2本まとめたのがこの作品。
ハードもPSPからPSVitaになって画質も向上してますよと。

とりあえず、評価は、S、A、B、C の4段階評価。
例によっていずれも私の独断と偏見によるものなので悪しからず。
ちょっとネタバレ含みますのでご注意。

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。


遅いって。

昨年は思ったほどゲームが遊べなくて、
しかし、狙ってたのが発売されれば買うだけは買ってたりするので
未開封パッケージの山がまた高くなっただけみたいな。

昨年に限らず、ここ毎年ほぼそんな感じになってたりするんですが
とりあえず、今年の当面の私のゲーム計画を書いておきますよと。

1周目クリアしたところで、とりあえず感想&レビューを。

ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII 対応機種:PS3, Xbox360 CERO年齢区分:C ジャンル: RPG 発売日:2013年11月21日 価格: 7,770円(税込) プレイ人数 : 1人

評価は、S、A、B、C の4段階評価。
いずれも私の独断と偏見によるものなので悪しからずってことで。
あと、ちょっとネタバレ含みますのでご注意くださいまし。

発売からだいぶ経ってしばらく放置してたんですが、
ここ最近シリーズ新作の話も聞かれるようになってきたので
一気にクリアしました。

テイルズオブエクシリア2 対応機種:PlayStation 3 CERO年齢区分:C ジャンル: RPG 発売日:2012年11月1日 希望小売価格:8,380円(税込) プレイ人数 : 1人

評価は例によって、S、A、B、C の4段階評価。
当然、私の主観によるものってことで。

若干ネタバレ含むかも?抑え気味には書きますが。

まぁ、買いますよね。13-2までやったら、ここまでやるしかない。

ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII 対応機種:PS3, Xbox360 CERO年齢区分:C ジャンル: RPG 発売日:2013年11月21日 価格: 7,770円(税込) プレイ人数 : 1人

まだクリアしてませんけどね。

実は、前作のFF13-2のDLC追加エピソードをクリアしてなくて
そちらをまず終わらせてから臨みたいということで、
先々週あたりから13-2のDLCに取り組んでました。

気合入れてクリアしようと思ったら、そのライトニング編は
わりとアッサリとクリア出来て(やればわかるけど、クリアだけなら簡単)
むしろ他のDLCの強敵が強くて強くて......

まぁ、それはいいや。LRFF13の話を。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10