ミッションについて考える - Gamelib

ミッションについて考える

| コメント(3) | トラックバック(0)

FF11には、
おそらく他のMMORPGにはない(少ない?)要素として、
ミッションというものがあります。

MMORPGというのは、
その世界背景としての設定はある程度つくりこまれているものの、
そこに歴史やストーリーなどというものはおよそ希薄です。
物語はプレイヤーたち自身の手によってつくられていく、
私は他のMMOをあまりやったことがないので確信はありませんが、
そういう類のMMOが大半ではないだろうかと。

FF11はMMOですが、そのベースとなっているのはやはり
ファイナルファンタジーシリーズの流れです。
製作者側の手によって、
そこでプレイヤーが進めるべき物語がつくりこまれているのですね。
これは、本来オフラインRPGであるFFシリーズならではというか、
従来のFFのストーリー性をオンラインに持ち込んだ結果だろうなと。

MMORPGでは、正義や悪といった分けはあまりない。
国や集団同士が互いに戦争したり交渉したり、
そういうやりとりをプレイヤーたちが推し進めていく…。

例えば、戦争ともなれば、
相手に勝利するための集団行動が要求され、
チームワークも必要になってきます。
そこに、仲間意識が生まれ、ひとつの目標(勝利)に向かって、
みんなで力をあわせる、というやりがいが生まれるわけです。

ところが、FF11には、
そういった集団行動の機会はあまりありません。
そもそもプレイヤー同士の戦いは制限されているので、
集団で戦争するといったことはないわけです。
(コンフリクトを除いて)

ご存知の通り、
FF11では、国同士は互いにけん制しあっているものの、
直接戦争することはありません。
それは「コンクエスト政策」という名の下に、
その地域のモンスターをいかに討伐するかで、
国の勢力を決定するような方式になっています。

そして、これも、ぶっちゃけそんなに熱いものではない。

FF11で、仲間の力が要求される機会は、
例えば、ミッションなのですね。

ミッションは、多分従来のFFであれば、
メインストーリーに位置づけられるものだと思います。
実際、やる側は、ミッションの節目節目の間隔が長すぎて、
あまりそのストーリーを堪能していないところもありますが、
それを完遂すれば、ある程度の達成感はあるでしょう。

各国ミッションもそうだし、
追加ディスクによって追加された新ミッションなどは、
それを達成すれば、
新たなエリアへ進出できるという報酬もあります。
(逆に、達成しない限りそのエリアへはいけない)

それは目的意識をもつ要素になり得ますね。

各国ミッションは、
私はレベル上げと共に、大体リアルタイムにクリアしていったので、
それぞれのミッションはそれなりに緊張感を持って楽しめました。

最近だと、高レベルのお手伝いが増殖しているので、
そういうあたりで、従来の緊張感のようなものはなく、
結構楽にクリアできている感があります。

そして、ジラートミッション。
これは、主に高レベル向けに作られたミッションだと思います。
最終的にトゥー・リアという空飛ぶ島へ行くことが、
多くのプレイヤーの目標になっているようですね。

これは、後発プレイヤーはなかなかここまでたどり着けない、
一般プレイヤーにとっては結構ハードルの高いものだと感じます。

で、プロマシアミッション。
これはレベル制限が設けられたバトルが多く、
後発プレイヤーも既に高レベルのプレイヤーと一緒に、
一定の緊張感を保ちつつ進めていくことが出来るミッションです。

ストーリー的に、ミッションそのものは面白いと思うのですが、
何しろそれをやるメンバもそれぞれ都合があるわけで、
そうしょっちゅうそういうのをやれるわけでもないと。
なので、必然的に間延びしたミッション進行にならざるを得ない。
ここらへんが痛いところですわね。

まぁ、時間をかけてゆっくりコンプリートしていくのも
それはそういう楽しみ方ではあります。

私含め、結構みんなミッション面倒だと食わず嫌いになりがちだけど、
クライマックスになってくると、どれもそれなりに面白いんですよね。
そこに行くつくまでが面倒だったりもするわけですが…。

例えば、ジラート終盤のAA戦とか、
これをコンプリートしたときの達成感は結構なものでありました。

んで、こんなのつくってみたり。
AA戦ダイジェスト版

ちなみに、ジラートは、まだコンプリートまで実装されていないようですが、
プロマシアは、もうコンプリートできるみたいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/3230

コメント(3)

間延び感は一番の問題ですよね…。
その点、サンドクエの「稀なる客人」とかは短いし戦闘は楽な部類にはいりますが、お話は楽しめたので良かったですなぁ。
ああいう系のミッション(途中あちこち歩くのが大変だけど戦闘は楽っての)があってもいいと思いますけどね。
ボスとかは強くてもいいので。

ダイジェスト版、いいですね。
とりあえず私は、AAはまとめて(神威)倒したクチなのでまたちょっと違うのですが、達成感はなかなかのものでしたね~。

プロマMも、
ちょっとずつ進めていこうと思ってます。
隔週くらいで進めていけば、
追加ディスクまでに間に合うかなぁ。

また懐かしいものを(笑)

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

レノボ-Web広告限定ストア
Powered by Movable Type 5.2.10