[FF14] メインシナリオクリア - Gamelib

[FF14] メインシナリオクリア

| コメント(2) | トラックバック(0)

MMOはちょっと通常のRPGと違う感もあるんだけど、
とりあえず、メインシナリオクリアということで。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 対応機種:PS3, Windows CERO年齢区分:C ジャンル: MMORPG 発売日:2013年8月28日 価格:PS3版 3,300円(税込)/ Windows版 オープン プレイ人数 : 1人(オンライン)

とりあえず初見の感想などをざっくりと書いていきます。

==============================================================
以下、ネタバレを含む記述もありますので、未クリアの方はご注意!
==============================================================

〇ストーリー : B

正直、純粋にストーリーだけでいえば、FF11の方が面白かったです。
といえど、FF14のそれが面白くなかったというわけではないですけどね。

FF11はMMOのストーリーにするには勿体無いくらい良く出来ていて、
その点、FF14のは、よりMMOにマッチした丁度良い内容かなとも思いました。

長さ的には、昨今のJRPGに比較するとやや短めかな。

MMOとオフラインのRPGを単純に比較することはできないと思うけども、
メインストーリーを進行するだけなら、全体で30時間行かないくらいかも。

メインストーリーは連続クエストになっていて、
あるクエストのクリアが次のクエストの発生条件になっていて、
それを繰り返していくというのが基本的な流れ。

内容的には、エオルゼア3国と、その北方に位置する帝国とが対立していて、
さらに、3国は周囲に居する蛮族や、彼らが信奉する蛮神の問題も抱えていて
それらの問題を解決しつつ、帝国攻略に進んでいくという感じかな。

RPGというと、最後の敵は鬼とか悪魔とか何かモンスターのようなものと
相場が決まってるんだけど、FF14では、普通に敵国の首領がラスボスでした。
とりあえず最初はここまで、という感じの区切り方にも思えましたが。

きっとこの後、大型アップデートや、スクエニのことだから追加データも
リリースしてくるでしょうから、これで完結ではないでしょうけどね。
エンディングではしっかりその後に続く伏線のようなものも張られてたし。


〇グラフィック : B

グラフィックそのものは文句なく美麗。鮮やかなわりに重過ぎず軽量。

エフェクトのON、OFFができたり、Windows版では解像度も選択できるので
画面の見た目的な難はほぼないと思われます。基本的には。

問題はPS3版での表示ラグ。

特にFATEなどで多くの描画オブジェクトやエフェクトが集中した場合、
PS3では極端に表示が遅れるか、酷いときは全く描画されないこともある。
みんなそうなら納得もいくけども、Windows版では表示されているというから
PS3ユーザがだいぶ不利な状況でのプレイを強いられているのが現状。

PS3自体が、もうライフサイクルを終える間際のハードということもあって
最近のPCと同じパフォーマンスを出せというのも無理な話かもしれないけど、
とはいえ、PS3でもサービスしている以上は、その溝を極力小さくして欲しい所。


〇サウンド : A

FFシリーズから遠ざかったと思われていた植松氏が久々に手がけたBGM多数。
一部、本作の音楽ディレクターである祖賢氏が担当。

FF14は、ほぼ全てのエリア、フィールド、ダンジョンにBGMがついているので
そのサウンドを堪能しながら冒険できるのも良いです。

特にボス戦でのバトル曲は盛り上がりますね。

蛮神戦の曲もそれぞれ特徴的で、ガルーダなんかはギターが効いていて
ある意味FFっぽくない意表をついた曲調(それもまた良い)。

あと、本作のイベントシーンはボイス入りになっていて、
MMOのそれには似つかわしくない超メジャーな声優陣を揃えてきています。
ただ、ボイス入りは全イベントではなく一部なので、中途半端感も否めず。

まぁ、ゲームで録音後のシナリオ追加削除はよくあることなので
その度に都度レコーディングというコストは割けないんでしょうけど、
キャラが叫んだり、かなり感情的になったりするシーンで声無しとかも
わりとあったりしたので、何かちょっと惜しいなぁ...と感じました。


〇バトル : A

基本的にはコマンドバトルではあるんですが、
エンカウント、ターンという概念はなく、ホットバーというランチャから
リアルタイムに操作を選んで発動するというデザイン。

あと、FF14の場合はキャラの移動操作もかなり重要になっていて
ストーリー後半のバトルほど、敵の攻撃をいかに避けるかという方に
その比重が寄っていってるような感じでした。

避けつつも、例えばDPSならしっかり攻撃しないといけないし、
タンクはヘイト集めをしないといけなし、ヒーラーは回復しなければと
非常に忙しいバトルになっていくイメージ。

ホットバーの扱いは、これは慣れですね。

むしろ慣れに依っていくところが大きくて、
慣れたところで新たな技を覚えて、それで下手に配置を変えたりすると
誤操作を誘発してグダるというパターンも何度かあったりも。

ちなみに、FF14にヒーリングは必要なく、
納刀(バトル解除)すると、HP、MPは自動的に回復していきます。
これで、FF11のときにはなかったテンポの良さが生まれてますね。

あと、MP消費もわりとあまり気にせずガンガン行ける気もします。
私は巴術士メインですが、巴術はエーテルフローとかエナジードレインとか
MP回復する手段が豊富なのでMP切れという事態に陥ったことがないですね。

呪術は呪術でアンブラルブリザードの効果が大きくて、
MP使いきったら属性切り替えて、攻撃しながらもMP回復できたりしますし。

一番MP管理大変なのは幻術かも?


〇キャラクター : B

まずPC(自キャラ)は、キャラメイクがかなり細かくできるので
ほとんどのプレイヤーはここに文句をいうことはない気がします。
目をオッドアイにしたり、髪の色をメッシュにできたり、他にも
タトゥとかペイントとか、結構面白いデザインにすることもできますね。

NPCですが、旧FF14の頃から狙った感のあるキャラが多い気はしていたけど
その傾向は新生でも受け継がれてますね。
まぁ、そんなのを好む層が主な販売ターゲットではあると思うので
彼らをキャラに惹きつけるキャラ設定も避けられない要素なんでしょう。

個人的には、ストーリー終盤にかけてナナモ嬢の影が薄くなっていくのが
ちょっと残念な感じではあるんですが。


〇ゲームシステム : B

一言で言えば、イマドキのMMOのシステム、ですか。
旧FF14のクソなシステムがウソのような使い勝手の良さ。

キャラコンフィグとシステムコンフィグを混同しやすい他は
わりと直感的に操作しやすいメインメニューだと思うし、
マウス操作とパッド操作それぞれのモードが用意されてるのも良い。

とはいえ、全て良いかといえばそうでもなくて、

・アイテムのソート機能がない
・アイテムやアクション詳細表示のウィンドウ表示位置が微妙
・EXホットバーの現れ方(巴術士はR1ボタンの扱いが変わる)
・チャットフィルター(マテリア作成がシステムにカテゴライズされてるとか)
・PS3の日本語入力

あたりは、ちょっとどうにかして欲しいところ。

基本的には良くできてると思います。
パッド操作、キーバインド、HUD配置変え、ターゲット対象のカスタマイズなど
細かい設定がゲーム内でできるのも好感できるところではあります。

特にクラフタの作業をホットバーでやるとか、旧FF14を知ってる身としては
このIFは最も画期的な改善といえるかもしれません。


〇総評 : A

とりあえず、メインシナリオをクリアという今時点までの評価をすると、
私はかなりバランスの良いMMOだと感じています。

とにかくゲーム進行をテンポ良く進められるんですよね。

クエストの受注位置や報告場所のマップ表示、コンテンツファインダー、
クエストやFATEでの経験値発生、その報酬で基本装備が揃うなど、
序盤から中盤まで、ほとんど苦労することなく進行できる。

さすがに中盤以降はダンジョンの難易度も上がってきて、
バトルでの立ち回りやギミックの見極めなどの機転も求められてきて
それを踏み外すと一気に崩れるといったシーンも多くなってくるので
そこで脱落する人も多いと聞きますが、それも含めゲームなので
それを楽しめるかどうかにかかってくるところかなとも思います。

MMOでは特にいえることですが、プレイするモチベーションというのは
そこで出会った他のプレイヤーとの触れ方に左右される部分が
非常に大きいんですよね。

初見でダンジョンに入って、そこで何か下手打ったとき
他の人から「ドンマイ」といわれるか「ボケカス」といわれるかで
そのプレイヤーにとってこのゲームが楽しいものになるか、
それとも不快なものになるかが決まってくるわけで。

そういうあたりをコンテンツでカバーできるかといえば難しいけど、
例えば、FF11では当初のデスペナが非常に大きくて
パーティが何度も崩れたときの凹み方は半端なかったわけです。
少なくともFF14はそのあたりで消費されるのは時間だけなので
比較的気軽に遊べて、人同士の関わり方も穏やかになれるのかな
という感じはしていますね。

軽量過ぎて、スリリングでなくなったという批判もありますが
私個人は今のレベルで丁度良いんじゃないかと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2958

コメント(2)

お久しぶりです。
こことWKのページはたまーに見てました。
ここ数年MMOはやってなかったのですが、色々あって14やってます。
サーバーは違いますが、もしまた何かあれば一緒に遊びましょう!

フォロー飛んできたときはどこで特定されたのかと思いましたよw やっぱりここでしたね。よかった(何が)
いつかサーバ間の出入りが自由になると良いですね。DQXがそういう感じなので不可能ではないんでしょうけど。こちらこそ機会があればよろしく!CFでばったりとかあったら面白いなw

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10