TOX2 メモ(クリア編) - Gamelib

TOX2 メモ(クリア編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

発売からだいぶ経ってしばらく放置してたんですが、
ここ最近シリーズ新作の話も聞かれるようになってきたので
一気にクリアしました。

テイルズオブエクシリア2 対応機種:PlayStation 3 CERO年齢区分:C ジャンル: RPG 発売日:2012年11月1日 希望小売価格:8,380円(税込) プレイ人数 : 1人

評価は例によって、S、A、B、C の4段階評価。
当然、私の主観によるものってことで。

若干ネタバレ含むかも?抑え気味には書きますが。

○ストーリー : A

前作TOXの続編ということなんだけど、
その世界観をさらに拡張して真相を明かしていくという感じか。

前作はリーゼ・マクシアという世界の外側に
エレンピオスという世界が広がってることがわかったところで
ほどなくストーリーが終結したんですが、
今作ではその2つの世界の絡み合いが展開されていく。

個人的に前作では、リーゼ・マクシアより大きな世界であろう
エレンピオスを十分堪能できないで終わった感があったので、
さらにエレンピオスが広がっていくことを期待してたんですが、
MAP自体はほとんど前作のままでした。ここ、ちょっと残念。

とはいえ、物語自体は、リーゼ・マクシアの黎明から
精霊と人間の関わりや、リーゼ・マクシアでは悪とされていた
黒匣(ジン)がエレンピオスでは必須技術になっていたり、
それが2世界の関係に及ぼす影響などがリアルに描写されていて
これはよく考えられてるなとも。

このへん、現実における核技術とかぶってますかね。何となく。

基本的に人間は精霊の犠牲の上に存在しているということで、
それがラストにもつながるシナリオになってくるんですが
そんな人間の生き方を否定する存在との対立というながれは
テイルズシリーズ通して同様のテーマになってる気がする。

ちなみに、このTOX2は3つのエンディングがありますが
どれもわりとナイーヴになっちゃう終わり方なので、
この評価はやる人によって割れるかなぁ...

すっきりとハッピーエンドという感じではない、とだけ。
なるほど、シリーズ初のCERO区分Cということか。

ちなみに、3つのエンディングのうち1つは
どうやらクリアしたことにはならない(クリアセーブできない)ので
実質のエンディングは2つということになるかな。
でも、そのクリアしたことにならないやつが一番難易度高い...


○グラフィック : A

グラフィックということでは、トゥーン3D路線の作品では
おそらく最高峰に位置するかと。

視点操作も回転方向の逆順が設定できるので
操作する上での見やすさという点でも良いと思いますね。

あと、バトル演出の派手さはさらに極まってますね。
リンクアーツや秘奥義、あと骸殻変身時の演出なんかも加わって
それらがキレイに決まってフィニッシュできたときの
爽快さというのはこの作品のやりがいの一つともいえるかと。


○サウンド : B

BGMはバンナム御用達の桜庭ミュージック。

個人的には今回あんまり印象に残る曲はなかったんですが、
全体を通して各シーンの演出がちゃんと引き立つBGMだったかと。
...とはいえ、やっぱり薄味だったかなぁ。

テイルズシリーズのBGMは、もうここまでくると
大体似たり寄ったりになってきていて、
エクシリアならではという印象の曲が、あまり印象に残ってない。

ああ、ルドガーの着メロは印象に残ったな(笑)
あれはオープニングテーマのイントロですかね。


○キャラクター : A

主人公はルドガー。そしてエルという少女。
今作はこの2人の立場や視点から話が展開していくわけですが、
加えて前作TOXのキャラも全員登場します。

しかも前作キャラは全員バトルメンバーとして使用可能。
これは個人的に嬉しい想定外。

TOSラタトスクとかでは、オリジナルキャラは登場するものの
成長させることができないサブキャラ扱いだったので、
今回もそんな感じの参加になるかなぁと思ってたんだけど
普通に全員レベル200まで成長させられます。

あ、エルはバトルメンバーではないですが。

ちなみに、今回の主人公ルドガーはほとんど喋らないんですよね。
個性がないというか、個性はプレイヤーが決めるというか。

バトル時に技の名前をしゃべるにはしゃべるんですが、それだけ。
あと、分史世界のアレくらいか。

テイルズシリーズで、固定した個性を持たない主人公ってのは
実際今作が初めてじゃないかな。
それゆえマルチエンディングということにもなるのかも(?)

バトル性能ですが、ルドガーは前衛として最優秀。

双剣、双銃、棍と3つの武器を扱える上に、
骸殻という状態に変身するとノーダメージでラッシュできる上
骸殻固有の秘奥義もあったりとチート性能。

他のメンツもそれなりに強いんだけど、
ルドガーが高性能過ぎて、私の操作キャラはずっとルドガーでした。

一応、ジュードとミラもほぼ前作同様の操作性で扱えるので、
特にジュードは初心者でも扱いやすい方のキャラですね。

後衛を極めるなら、ローエン、エリーゼ、あとミュゼあたりが
使えるようになると楽しいですかね。

アルヴィンとガイアスは、一撃は強いんだけど
操作キャラとしては若干緩慢な感じで扱い辛かった印象(私は)

レイアも前衛としてわりと扱いやすい上に回復もできるので、
使う場面は多いキャラ。

困ったら、エリーゼとレイアをパーティにいれておけば
大体どんな相手も何とかなったりします。
この2人はヒーラーとしてとても優秀で蘇生もできるので、
いるだけで生存率が格段に上がりますね。

まぁ、多くの場合、ルドガー操作で、
他のキャラをリンクさせるというのが相場になりがちですが。
そして、それで最後まで十分という(ルドガーが外れる場面はない)

ちなみに、キャラデザは前作TOXと同様に藤島氏といのまた氏の合作。
ただ、今作登場のルドガーとエルはどちらも藤島氏かな。


○バトル:A

ほぼ前作TOXと同じ。
というか、3DのLMBSになってからほぼ同じシステムで踏襲されてますね。

行動するのにAC(アサルトカウンタ)というものを消費する形式で、
これはTOD、TOGのCC(チェインキャパ)と同じもの。
個人的にこのシステムはストレスなくバトルできて大好きです。

ACとは別に、術技を使うのにTP(テクニカルポイント)を消費しますね。
TPは俗にいうMPと同じ扱いのポイント。

TPはACに含めてしまっても良かったかもなぁ、と、ちょっと思ったけど
そうするとACを大量に消費してしまって行動不能になったりして
TOD2みたいな悲劇になるかもしれないから、これはこれで良かったのか。

あと、今作で特徴的なのは仲間とのリンクですね。

特定の仲間とリンクする(協力状態?)ことで、
それぞれリンク相手のスキルの恩恵を受けられたり固有の支援を受けられたり
リンクアーツという2人の協力術技を発動できたり、何かと盛り上がれると。

あと、今回ルドガーだけ主人公補正で(?)かなり贔屓性能になっていて
上でも書いたけど、双剣、双銃、棍と3つの武器を扱えるので
敵の弱点に合わせて武器を変えて、適宜対応することができる。

あと骸殻という状態に変身すると、一定時間チート性能で暴れることができる。
攻撃を食らうとチート時間が減るので、基本は相手の後ろや側面から
○☓連打して最後に秘奥義決めれば大体の相手は落ちます。

...といった感じで、戦闘はかなり楽しめました。とにかく爽快です。


○ゲームシステム : B

これもシステム全般的に前作TOXとほぼ同じ。

ただ、前作は成長をリリアルオーブというものでやってましたが、
今回はレベルアップで普通にステータスも上昇していくという
王道RPGのスタイルに戻ってました。

スキルポイントのシステムもテイルズ定番になりましたね。

今作では新しいアローサルオーブというシステムが登場するけど
これ、個人的にはあまりよくわからないシステムでした。

端的にいうと、火風土水光闇それぞれの属性を持つオーブがあり、
またそれぞれの属性に術技が割り振られていて
オーブを装備することで、その属性に対応する術技を習得していく
というような感じ。

要は覚えたい術技の属性のオーブを装備することで、
その術技を優先的に習得していくことができる、というお話。

ただ、きっと結局全部の術技を覚えていくことになるし、
どれを先に習得しても戦況が有利不利になったりというようなことも
特になかったので、適当に何か装備しとけばOKなんですよね。

これなら、レベルアップで普通に習得していくのでも変わらない気が
しなくもないなぁ、みたいな。一手間増えただけというか。

他、今作独特なのは、借金システムか。

ルドガーは話の序盤で莫大な借金を背負うことになり、
それを返済していくことでストーリーが進んでいくという
金が全ての人生に。

実際、受注クエストをこなしたりギガント討伐とかしていれば
自然にストーリー進行に必要な借金は返せるんですが、
お金がある程度溜まる度に借金催促兼ノヴァの小芝居に付き合わされるので
それがちょっとウザイといえばうざかった...

あと、今回ルドガーと各キャラとの親密度なるものが設定されていて
これが高いとキャラ固有の追加エピソードが発生します。

親密度は、みんな大体均等にリンクしつつバトルしていれば
およそエピソード発生に必要な親密度は溜まっていくので、
メインクエストとキャラエピソードを並行で進めていくというのが
このTOX2の主なゲーム進行になっていくかなと。

個人的に、このキャラエピもメインに含めちゃって良いのにな
とも思いましたが、やり込み感を出す演出上、これはこれで
大きなゲーム要素ということになるんでしょうかね。


○総評 : A

グラフィックも音楽もキレイで、バトルも楽しめて、
クリア後のやり込み要素も豊富なので、わりと長く遊べるRPGです。

過去作のキャラも、隠しダンジョンとか闘技場なんかに出てくるので
シリーズファンへの媚売りも抜け目なしですね。

クリア後に出てくるギガントなんかはレベル100でも厳しい相手で、
それ対策に、ルドガー強化とか、さらに便利なアイテム追加とかありで
どうみても本編クリア後もさらに遊んでくださいという内容。

あと、テイルズシリーズはほぼどれも周回プレイが考慮されていて、
クリアデータを引き継げるので、2周目以降もどうぞと。

やり込み要素は十分。時間があればより深くやり込める。

ただ、何かね。何か、クリアした後、いろいろ報われない感がですね。

多分あれがトゥルーエンディングだと思うんだけど、
どうみても続編ありそうな終わり方じゃないか、あれ。

さすがに同じタイトルで3作目はないかなぁ...

でも、FF13はあったぞ(会社違うけど)




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2956

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10