Gamelib: DQX・アストルティア研究アーカイブ

DQX・アストルティア研究の最近のブログ記事

定時レポート。

ここまでやってみて感じてるのは、
結構やる前に持っていた「オンラインドラクエとは」っていう
イメージに近かったかもしれないということ。

つまり、廃人向けというより、比較的一般的な人向けな感じ。

まず、レベル上げがすごく楽。

みんなレベル上げダルーとかいいながら
全職業Lv50に達してる人が、現時点で既にかなりいる模様。
かくいう私も、魔法使いと僧侶は50超えてますし。

なんだよその超速成長は!どんだけ廃ってんだよ!
と思うかもしれないけど、私は全然レベル上げ頑張った気がしてません。

その理由は、酒場&サポート仲間システムと、
元気玉というドラクエXのシステムによるところが大きい。

元気玉というのは、ログアウトしている時間分元気がチャージされていき
22時間ごとに元気玉1個に交換できるというもの。
この玉を使うと、30分間獲得経験値とお金が2倍になる。

そしてサポート仲間というのは(前にも書いたけど)
自キャラを酒場にあずけておけば、自分がログアウト中に
他の誰かがそのキャラを雇って狩りをしてくれると、
その獲得経験値とお金の25%が(同レベルの場合)入るというもの。

なので、夜ちょっとログインしてレベル上げ30分ほどやって
落ちるときは酒場に預けておけば、うまく行けば1日(一晩)で
経験値1~2万くらい入ってくることもあると。

あとは職人の素材狩りでもやってれば
特に経験値稼ぎと意識しなくても、いつの間にかレベルが上がります。

まぁ、さすがに全職50はそれなりに頑張ってる人だと思うけど、
それでも他のMMOで普通にレベル上げ頑張る程度の努力ではないかと。


これに加えて、ほぼ全てのコンテンツをソロで解決可能です。

というのも、先のサポート仲間システムというのが優秀でして、
ソロでは辛いモンスターでも、サポート仲間を雇えば普通に戦える。

要は、自分をサポートに雇ってもらえるという恩恵と、
他人のキャラを自分のサポートに雇えるという2つの恩恵があるんですね。

これをもってすれば、ラスボスですらソロ(サポ)で撃破できる。

…まぁ、ソロでボスクラスやるにはそれなりの工夫は必要ですが
やってやれなくはないという感じですね。

実際、私はサポート仲間のみ(つまりはソロ)で、
ラスボスの次に凶悪といわれているボスを倒しましたし。

さすがに何度かやられて相手の特性をつかんでから
本番という形ではあるにしろ、事実やれるということはわかったわけで。

ということで、ドラクエXはオンラインゲームだけど、
ずっとボッチプレイすることも不可能ではないですよってこと。
それはそれで茨の道ではあるけど、やりこみだと思えばこれもゲーム。

自分のキャラが多少弱くても、
廃ってる人の…もとい、頑張ってる人のキャラをサポートに雇えば
多少強い、いや、かなり強い相手でも互角に渡り合えるのですな。


ひねた言い方をすればヌルゲーですが、
ライトプレイヤーにはわりとマッチしたMMOなのではと思いますね。
といえど、MMOやりこみ廃レベルな人も当然いるわけですがね。

そうして比較的ヘビーなプレイヤーにしてみると、
現状のドラクエXは少し物足りないと感じているようです。

メインのストーリーの他に初期クエスト、及び配信クエストもあるんだけど
それらは一般のプレイヤーでも普通にコンプできたりするもので、
となると、廃…ヘビーな人はあっという間に片付けておられるわけで。

現状、カジノもまだ解放されておらず、
調理や理容店みたいな実装予定で未実装なコンテンツというのも
わりと多く散見される状態だったりする。

あと、ワールドはかなり広く、現時点のキャップレベル55でも
ほとんど歯が立たないようなモンスターが配置されてたりもするので
今後そのへんに広がるには、まずキャップ解放して、
そのエリア対応のコンテンツを追加していくことになるんだろうと。

ともかく、まだ始まって3ヶ月強ということで、
成熟しきってないMMO世界という感じは当然否定できません。

が、それだけに、今後の展開に期待してしまうという
MMO初期のワクテカ感というのはあるわけで、
いろいろ書きましたが、思ったよりも面白い、楽しめるなぁと感じてます。
(実は、やる前はあんまり期待してなかったというのもあり…)

ただ、まだコンテンツ不足であるというのは事実で、
さらに、初期がかなりヌルい仕様だったのを
徐々に他のMMO並に苦労するように仕様調整が入ってきているあたりで、
ドラクエXをやめる人というのもかなり出ているようです。

これはどのMMOでもよくあることではあるんだけど、
ドラクエXはユーザ数60万という従来のMMOではあり得ない数字でして
そこから出ていく人の数も相応の規模になるわけですな。

このユーザ数はまだ安定してないので、
今後この流出が増加の一途をたどるか、歯止めがかけられるかは
今の開発と運営の手腕にかかってると。

あ、決してステマではないですよ(っていうと余計ステマっぽいけど)。

ドラクエといえどMMOなので、そこにはMMO特有の中毒性はあるので
用法、用量を守って正しくプレイしてくださいということはいわずもがな。

ドラクエX発売から1ヶ月(以上)経ちました。

発売日からプレイしてるので、私のプレイ歴も1ヶ月強となったわけですが
その流れの中で感じている印象を、ここで書いてみようかなと。


○世界観とシステム

オンラインゲームだけど、
ドラクエという世界観は大事にしてるかなという印象はある。

一応、当初のラスボスというのは設定されていて、
それを倒すことが当面の目標になっている。
(FF11でいう闇王の位置ですかね)


○種族

ドラクエXには人間以外に5つの種族が設定されている。

オーガ … でかい。物理系ステータス高め。
エルフ … 見た目は一番人間に近い。魔力が高め。
ウェディ … 魚人。チャラい。ステータスは平均的か?
ドワーフ … ずんぐりむっくり。力は強そう。
プクリポ … ぬいぐるみ。魔力が高い。

私はプクリポなので、それ以外の種族のステータスはよくわからないけど
プクと人間と比較したら魔力が高めで力が弱めということはわかった。
まぁ、見たまんまですかね。

種族は途中変更不可。


○職業

初期職は、戦士、武闘家、僧侶、魔法使い、盗賊、旅芸人の6種類。

最初にどれかを選ぶのだけど、
これはあるクエストをこなすことで途中でいつでも転職が可能。

現状の職業レベルキャップは50だけど
10月のアップデートでキャップが外れる模様。

加えて、そのアップデートで、レンジャーとパラディンの
上級職が追加されるらしいと。

多分イメージはどちらもドラクエ9のそれと同じイメージでしょう。


○育成

各職業ではレベルが上がるごとにスキルポイントを獲得していき
(これもドラクエ9とほぼ同じシステム)
これを好みのスキルに振っていくという育成方法になる。

で、ドラクエXの場合、
ここで各プレイヤーの個性やスタイルが大分わかれるようです。

スキルポイントは基本的に再度振り直すことはできない。
で、得られるポイントの全量は決まってるので
(Lv50キャップの現状では全部で100ポイントちょい)
例えば戦士なら、片手剣、両手剣、オノなどの武器が使えるけど
その全てのスキルを極めることはできませんよと。

全部のスキルに平均的に振ってると
武器の高スキルで覚える強い技が覚えられなくなる。

ということで、大抵はどれかに絞って集中的に振っていくというのが
今の流れになっていると。

なので、同じ戦士でも、オノ使い、片手剣使いで特性が大分違ってて
それぞれに得意不得意がある感じになってる。

私の場合は魔法使いなんだけど、
魔法使いには「まほう」スキルと、武器スキルの杖、短剣、ムチがある。

私はその「まほう」と「杖」に平均配分してたんだけど、
どうやらそうすると、杖の高スキルで覚える非常に有効な技が
覚えられないということが発覚したのですな。
(FF11でいえば、一定時間確実にMBを連発できるみたいな技)

大失敗です。

で、こういう失敗をしている人は他にも大勢いたようで
(まぁ、いるでしょうね)振りなおししたいという要望が上がったらしく
その救済策としてスキルポイントの振りなおしが有料で可能になる
という対応が10月アップデートで入るらしい。(で、初回は無料という話)

非常に嬉しいですが、こうなると、みんな流行の方向に振ってしまって
どんぐりになってしまうんじゃないかという懸念もあったりなかったり。
まぁ、今は運営も試行錯誤の段階なんでしょうけどね。

料金がべらぼうに高いとかで、そう簡単に振りなおしできないようには
すべきなのかもしれないなとは、個人的に思います。
とりあえず、今回は神対応!運営GJです。


○その他雑感

1ヶ月プレイして分かったことは、
このドラクエXのオンラインモード(メイン)はオンラインではあるけど
オフラインのノリで遊ぶこともできなくはないという感じ。

その理由のひとつがサポート仲間のシステムで、
酒場に登録されている他プレイヤーのキャラを雇うことで
AIで動くサポートキャラを最大3人つけることができる。

レベル上げのPTならこのサポートで十分過ぎる感じです。
レベル上げにチームプレイはほぼ不要だしね。
アタッカーは攻撃して、ヒーラーは回復してれば良い。
そしてそれは必ずしも中身人間である必要はない。

ただ、ストーリー上のボス戦はサポPTでは厳しいかもしれない。
厳しいけど、絶対無理ではない。

現に私は、サポPTでいくつかボスを撃破してます。

サポキャラはわりと賢いけど、行動パターンはほぼ固定なので
相手がこう来たらこう動く、というようなことはできない。
特にボス戦では位置取りも重要だけど、その辺サポはアホ。

まぁ、バカとサポは使いようってことで
一切人間と組まずにラスボスまで行くというプレイスタイルも
なくはないかなと(それはもうかなり茨の道の縛りプレイですが)。

ということで、オフラインのように遊ぶことも可能だけど
それは相当に難易度があがるということと、
あと、毎月課金が発生するので、オフラインゲームとして見ると
ちょっと割に合わないかなというだけかな?

それでもソロでストーリーを楽しむことは不可能ではない。
レベルキャップが外れれば、よりソロでの活動がしやすくなるでしょうし。

でも、ドラクエの世界はだいぶフランクで、ガキんちょも多いけど、
やっぱりドラクエだけにMMOの独特の固定観念を知らない人も多くて
それが逆に、お互い全く知らない人同士が簡単に協力しあえる
環境になってるという感じはしますね。

例えば、ボス前まで一人でいったら、そこに人がたむろしていて
その場で「一緒にやりませんか?」っていったらすぐに4人PTできる。
(ドラクエのPTは最大4人)

この状況は最初だけかもしれないけど、
今はわりと初心者も遊びやすいMMOになっているという印象です。

DQXで、おそらく他のMMOにはないシステムが
3人までNPCキャラを連れ歩ける「サポート仲間」というシステム。

各街にある酒場で、あるクエストをクリアすると
その酒場に登録してあるキャラを連れていけるようになる。
そのキャラはNPCとしてAIで動いてくれます。

なので、本来ならパーティでないと倒せない敵も
サポート仲間をつけて挑むことができるという
ソロプレイな人には非常にありがたいものになっている。

おかげで、単純なレベル上げなら、いちいちパーティを組まなくても
サポートを雇って好きなときに好きなだけ自分のペースで
レベル上げ(経験値稼ぎ)ができるのですな。

この酒場に登録されているキャラというのは他のPCのキャラで、
自キャラも同様にサポート仲間に登録することができる。

登録しておくと、ログアウト中でも他の人がサポとして使ってくれたら
その稼ぎに応じていくらか経験値やゴールドが貰える。

元気玉といい、DQXは普段プレイできない人への配慮が
他のMMOに比べて手厚い感じになってるなぁと感じますね。

てことで、ログアウトするときは、必ず酒場に登録しておくと良い。
誰かが経験値稼ぎのお供に使ってくれたりすれば
そのおこぼれをいくらか貰うことができるって寸法。

ちなみに、私のキャラも、酒場に登録して1日放置してたら
ありがたいことにどなたか思いっきり頑張ってくれてたみたいで
7000とか稼いでくれてました。

画像

これはDQX広場の画面ですが
連れて行ってくれた人の情報とかも記録されてるんですね。


ただ、サポート仲間には限界もあって

・自分よりレベルの高いキャラはサポートにつけられない
・敵と相撲してくれない
・MP回復をしてくれない
・立ち位置までは操作(指示)できない

“相撲”というのは、DQXでは敵を押すということができるので
前衛は敵を押して後衛から遠ざけたり、
敵を1箇所に集めて範囲攻撃したりといったことができる。

けど、サポはそういうことはしてくれない。

たまに敵を押すことがあるけど、
それはターゲットの敵の場所に移動しようとしているだけで
その途中に別の敵がいたら結果的にそいつを押す。

たまたまそれが功を奏すこともあるけど
サポがどう敵を押してくれるかは運なので、
そういうことを意図してやりたい場合はPCの方が良い。

MP回復については、
MP回復アイテムを使ってくれないということ。

特にボス戦ではMPが途中で尽きること多々なので
そんなときは適宜回復しないと続かない。
なので、そのキャラにアイテムを使ってやる手間が増える。

ボスではなくレベル上げなどであれば
杖持ちの後衛なら殴ればMP吸収するので、
それで十分だったりしますが。

なので、後衛を雇うときは
そのキャラが武器に何を装備してるかというのもポイント。

ただ、前衛は基本的にMP回復手段を持たないので
必殺技やとくぎなんか使ってMP消費してしまうと、
あとはずっと通常攻撃になってしまう。
まぁ、通常のレベル上げで必殺技使うこともあまりないけど。

立ち位置に関しては、
これもレベル上げではほとんど問題にはならないけど
ボス戦では致命的になることもある。

この手のことについて文句いう人も結構いるみたいだけど
私はこれで良いと思いますね。

あんまりサポートが高性能になりすぎると
PC同士の通常パーティを組む意味がなくなってしまう。
それってMMOの本分からはずれちゃいますからね。

とりあえずね、メンテ多過ぎ。

深夜とか早朝とか時間を選ぶことなく
もう普通に人がいる夕方とかに平気で追い出しメンテかけてくる。

で、極めつけが
15日の夜からログイン障害やエリチェン障害が頻発するようになって
その日の18時くらいから1時間ほどメンテ。

その後も事象は解消されず、さらに22時くらいからメンテ。

それで事態は解決したかと思いきや、
今日(16日)も昨日と全く同じ時間帯にメンテ。

そして23時台にメンテ突入で今に至ると。

14日までは、PTチャットができないとかチャット周りの不具合が多く
ゲーム自体はまだ普通にできるレベルの障害だったけど、
15日に始まった障害は酷いです。

私が遭遇したのは

・エリアチェンジに異常に時間がかかる
 →早くて2~3分。さっきは10分以上待ってもダメだったのでWii電源断
・PTメンバに入れない
 →誘われて返事したところで固まる。一度キャンセルしてリトライで何とかなった
・サポート仲間の操作ができない
 →サポート仲間のメニューが出たまま数分間画面が固まる(砂時計表示)
・酒場でサポート仲間が雇えない
 →仲間を呼び出すところで数分間画面が固まる(砂時計表示)
・ログイン出来ない
 →サーバの混雑状況に関わらずどこに入っても画面が固まる

というあたりかな。

特にエリアチェンジは酷くて、
別エリアへ移動しようとしただけでブラックホールに吸い込まれる。
ルーラ、リレミト、建物の出入り、乗り物移動、どれも現象は同じ模様。

これってサーバ混雑が原因だけでもない気がするのよね。
少なくとも14日まではこんなことはなかったし、
15日のどこかで入れた修正に何かバグがあったとしか思えない。

それとも、本当に混雑だけでこんなことになるのか。

確かに、50万本も売れた有料MMOなんて例がないことだけど。
それで現状の同時接続数っていくらくらいなんだろう?
それが15日を境にドーンと極端に増えたっていうの?

お盆だし?てか、どっちかというとお盆明けだと思うけど。

やっぱり考えにくいなぁ……

15日パッチで何かバグが仕込まれたとしか思えない。

いずれにしても、この原因はちゃんと報告して欲しいですね。
公式には、サーバ調整とか最適化とか、何かよくわからない
もやもやした感じで書かれてるけど、これはあんまりよろしくない。

単純にサーバ混雑によるものならサーバ増やせばいい話なんだけど
それならそれで、なぜそれを報告しない?という疑問が沸くわけで。


FF11の初期もわりとメンテ多かったけど、
プレイ自体に大きな支障が出たり、何か影響した記憶はあんまりない。
大体、その地雷に手を出さなければ問題ないバグが多かったし。
ただ、1回のメンテ時間は長かったイメージ。

FF14は、全ての操作が重いという致命的な不具合に始まり、
マップがコピペだとか、合成に時間かかり過ぎだとか、
リテイナーがしょっちゅう落ちてるとか、メニューがいけてないとか
ゲームシステム自体のお粗末さが目立ってた。
これはメンテ云々というより、ゲームの作りの問題だった。

で、今回のDQXの場合、モロにプレイが中断される不具合。

何か運営がどんどんグダってる気がしないでもないんだけど
これ、スクエニさん、開発費や人件費削り過ぎなんじゃないのかね?

1週間も帰省して暇な上、実家にWiiがあるとかいう状況なので
レベル上げが捗ります。

そんな中で感じたこと、気付いたこととか軽く考察メモ。
(職業が魔法使いなので、魔法使い視点で)


○ソロ経験値稼ぎ考察

ソロの利点は経験値100%丸儲けなこと。
反面、あまり強い相手には挑めないこと。

強いやつを倒すと入る経験値も多いけど、
1回の戦闘でHPやMPを消費し過ぎて疲弊してしまう。

DQXの場合ヒーリングができないので、
1回の遠征でどれだけ多く、つまり長く狩りができるかが
効率が良いか悪いかということになってくるので、
1回の戦闘でなるべく疲弊しないことが肝要になる。

なので、ソロの場合は比較的弱めの敵を多く狩る
ということを心がけた方がお得ということに。

経験値でいえば、1体あたり100近く入る相手よりも
30~50くらいの相手を数こなす方が
全体的にみて(結果として)効率が良い感じ。

あと、敵は複数で出られると、1体はそれほど強くなくても
ソロでは(特に後衛職だと)わりと厳しい戦いになるので
なるべく単体で出現するエリアを選ぶと良さげ。


○サポート仲間付き稼ぎ考察

DQXではNPCを最大3人まで仲間に付けることができる。

ただ、仲間を付けると経験値が分散されて
1人あたりに入る経験値がソロ時より少なくなる。

となると、自分よりやや強い相手を目指すことになるけど
それでもあまり強過ぎたら、ソロ同様効率が落ちる。

フルメンバ(4人)でやる場合は
経験値でいえば、1体あたり50~100程度の相手が適当。

パーティ(PT)なら敵が2~3体出ても普通にやれるので
50くらいの敵が2~3体出現するようなあたりが良いかも。
(50のが3匹なら合計で150程度の稼ぎ)

アタッカー職の場合は、
回復(僧侶、旅芸あたり)を1人つけて押すという戦い方もあり。

付けるサポート仲間は、他PCのキャラなので
同じ職でもわりとその特性やステータスに差がある。
なので、どうせ付けるなら高性能のキャラを選びたい。

魔法使いの私から見てイケてると感じた組み合わせは

戦士、盗賊、僧侶、魔使(自分)
戦士、盗賊、旅芸、魔使(自分)
戦士、僧侶、魔使、魔使(自分)

戦士は壁ですね。攻撃は魔法使いの自分ができるので、
なるべく敵の攻撃を引き受けてもらう盾役として。
なので、片手剣と盾装備な戦士が好相性。

盗賊は主に盗み役。あと回復サポート。
お金稼ぎの必要がない場合は外してもOKな位置。
装備はツメでも短剣でも何でも良い感じ。

僧侶は勿論メイン回復。
重要なのは装備で、ときどき槍装備な僧侶がいるけど
これだとMP回復してくれないので、スティック装備がベスト。

酒場にスティック僧侶がいない場合は旅芸という手もあって、
こちらはある程度前衛としても動ける様子。

火力を上げたい場合は、もう一人魔使を雇う手もある。
今のところ、魔法は前衛の攻撃より大ダメージが出るし
杖でMP回復もするので、火力押ししたいときは
魔使2連で構成するのもアリかなと思った。


○パーティ(PT)で経験値稼ぎ考察

サポート仲間は便利だけど
自分よりレベルの高いキャラを雇うことはできない。

PCメンバによる普通PTにはそんな制限はないので
いくらでもレベル差があるパーティを組むことができる。

で、PTで入る経験値はサポート時と同じく分散されるけど
これは高レベルの人ほど多くなるように配分されるらしい。

だけど、後衛職(特に僧侶)は攻撃力に乏しく
ソロだと1回1回の戦闘が長くなるので効率が悪くなるので
多少経験値が少なくても強い人に付いて行って数こなす方が
実は結果的に短時間で多く稼げることになると。

なので、前衛職は高レベル、後衛職は低レベルで構成して
後衛に経験値70~100程度入るあたりで数こなすというのも
やり方としてアリな感じ。


○お金稼ぎ考察

敵を倒してもゴールドは大して入らない(5~10G程度)。

ではどうするかといえば、フィールドのあちこちに落ちてる素材や
敵がときどき落とす宝箱から入手する素材なんかを
旅人バザーに出して売るというのが常套手段。

ただ、バザーに出せるのは初期で3種類までなので
それがはけるまで、拾った素材アイテムが
持ち物やアイテム倉庫を圧迫していくという状態に陥りがち。

そんなときは、ある程度割り切って店売りすれば良い。

バザーで相場を確認して、1つあたり50Gもしないような素材は
店売りして持ち物の空きを増やす方が良い感じ。

とはいえ、10G程度のアイテムでも10個とか30個とか
束で持っていれば話は別で、そういうのはバザーで。

自分が盗賊でない場合はサポートで盗賊をつけておくと
1回の遠征で稼ぎが平均して1.5倍程度になるのでお勧め。
(もちろん、盗むスキルがあることが前提)


○バトル考察

まだMMO初期らしく、これといった定番なバトル方法はないけど
前衛が敵を後衛から引き離す努力をするというのは
何も言わなくてもみんな暗黙の了解でやってる感じ。

DQXでは敵の移動をPCキャラで阻むことができて、
かつそれを押して「おもさ」次第では押し返すこともできるという
面白い趣向になってるので、これが大分有効活用されてる。

特にボス戦ではこれが勝敗を分けてくることもある。

ということで、
PTの場合は、前衛は後衛と敵の間に割り込むように立って
後衛は前衛の後ろに回るように立てばPTの被害低減。

サポ仲間の場合も同じだけど、AIはそんなこと意識しないので
自分が後衛の場合は常に前衛の後ろに動くようにする。
自分が前衛の場合は常に後衛を背後に回すようにする。

幸い、サポート仲間も後衛職の場合は
ある程度敵から離れて立ってくれるので位置取りはしやすい。


○シナリオ、クエスト攻略考察

シナリオ、クエスト共にバトルが必要なものが多い。

通常クエストはボス戦というのはあまりなくて
どちらかというと、アイテムを取るためザコ敵を倒すバトル。
これはサポートを雇えば大体普通にこなすことが可能。

一方、シナリオの方は節目にボス戦が設定されていて
こちらはサポだと厳しい局面が多い感じ。

ただ、シナリオボスでも全員PCである必要はなく
どうしてもメンバが集まらない場合は、
サポートで穴埋めして出撃するという選択肢もある。

特に後衛職はサポートで十分なことも多い。
魔使は相手が強いと、それにあわせて強力な魔法を撃つようになるし
僧侶も、ときどき相手の攻撃を先読みして回復してくれるという
普通のPCにはできない高性能っぷりを発揮してくれることがある!

ただ、サポ仲間は立ち位置が指示できないので、
あからさまに危ない方向に突っ込んでいくことも多々あったり、
MP回復を自分でやらないので、MP消耗してきたら
誰かが小ビンや聖水などで回復してやる必要がある。

まぁ、ボス戦は全員PCの方がベストなのはいわずもがなで
何より4人でその達成感を得られるというのがMMOの楽しさであって
それを体験できるというだけでも、みんなでやった方が勿論良い。


○不便に感じてる点

・PTメンバ探すとき、自分のいるエリアしか検索できない
 →エリアを広げて、可能ならサーバを越えて検索したいところ

・PTに誘うとき、無言でいきなり誘うしかない
 →検索ヒットしたキャラに1対1チャットする手段がない
 →厳密に言えばキャラの近くに寄れば話せるけど、どこにいるのかわからん
 →ゆえに、一旦PTに入ってからPT会話で目的を確認するしかない

・チャットの1回の文字数が少ない
 →なので連投するのだけど、前のフキダシが消えるので会話が追いづらい
 →見逃したらいちいちログ画面を開いてみるという手間

・全員のチャットがだーっと流れるので、目的の会話が追いづらい
 →チャットフィルタの機能が欲しいところ

・1対1のチャット手段がない(FF11でいうtellがない)
 →厳密に言えばキャラをタゲれば対面会話になるけど、相手が近くにいる必要がある
 →あと、これは周囲にも流れる
 →上にも書いた通り、PT勧誘がしづらい
 →スパムやストーカー対策かとも思うけど、無きゃ無いでわりと不便


今、不便に感じてるのは主にチャットまわりですね。

また何か気付いたら書きます。

5日ほど、ほぼソロで遊んでみた感想を。


○ストーリー

やや無理やり。でもドラクエは今までもこんなもん。

自キャラは最初は人間だけど、ある出来事をきっかけに
何か別のモノに生まれ変わるという流れ。

で、生まれ変わってからがオンライン。

ただ、その後もオフラインパートで遊べるようにもなってる。
ストーリーが分岐してるというか、
最初になぜ兄弟2人のキャラメイクさせられるのか?
という理由はそれなんでしょうねと。

ノリはFF11のミッションの位置に“シナリオ”というのがきて
これがメインストーリーとなって展開していくようです。

クエストは、まんまクエストです。
もういろんな人から使いっ走りさせられます。

最初の方のクエストは、
いろんな便利な機能を有効化するためのものが多いので
大抵メイン扱いでコンプしていくことになるかな。


○グラフィック

多分DQ8程度か、それよりやや質が悪い感じです。
DSで頑張ればこのくらいのグラフィック出せるんじゃないか?
みたいなレベルですかね。

印象として建物や大道具などとキャラのサイズバランスが微妙。
キャラのサイズはこんなもんだと思うけど、
そのキャラのサイズに対して建物が大き過ぎなような?

まぁ、慣れてしまえば違和感なくなってきますけど。

これ、Wii Uにも対応するみたいなので、
グラフィックはそっちで本気出すつもりなんですかね。


○サウンド

すぎやんサウンドなんですけど、バトルに緊張感がないような気も。
まぁこれも慣れで、だんだんこれがバトル曲だと思うようになりますが。

フィールド曲や街、ダンジョンなどの曲は
うんドラクエだって感じの曲ですね。まぁそりゃそうですが。

街は昼夜で音楽が切り替わって良い雰囲気なんですけど、
フィールドは夜になるとBGMがなくなるんですよね。
これはこれで良い演出かもしれないと思った。

欲をいえば、夜のフィールド曲もあればあったで良かったなと。


○バトル

いわゆるシンボルエンカウントですね。

シンボルに触れるとバトルモードに切り替わるんですが、
傍から見たらそのままフィールド上で戦ってるように見えます。

また、バトルモードに入った本人からも
周囲の様子が普通に見えます。

戦い方は、従来のドラクエと同じコマンドを入れていく方式ですが
ターン制ではなくて時間は常に流れてる感じ。ATBみたいな。

定期的にコマンドが表示されて、都度選択するんですが
たぶん、すばやさとか上がっていけばこの間隔が短くなるんだろうなと。

あと、バトル中の人は周囲に干渉できない感じですが
周囲からバトル中の人にある程度働きかけることはできます。

ホイミや薬草を使って回復してあげたり、
応援すればテンションが上がって攻撃力がアップしたりします。
通りすがりに応援するのが今の流行りのようです。

ちなみに、ホイミなどの回復行為はバトルでなくともいつでも可能で
辻ホイミや辻ザオ(ザオラルの弱い版)とかができるのは
FF11とか他のMMOと同じ感じですね。


○操作性

キャラの操作はヌンチャクのスティックで移動、
リモコンの十字キーで視点移動で、この向きは逆順変更可能。

クラシックコントローラの場合は左が移動、右が視点ですね。
ここらはFF11と同じ感覚。
これはクラコンの方がやりやすいと感じました。ドラクエだし。

Cボタンでメインメニューなんですが
最初このメインメニューのどこに何があるのか直感でわかりづらかった。

「はなす」や「しらべる」は、わざわざコマンドを選ばなくても
近づいてAボタンで話しかけられますね。

ちなみに「しらべる」は、敵シンボルをしらべることもできるけど
「みやぶる」スキルがないと強さなどの情報がわからないぽい。
「みやぶる」は盗賊のスキルなので、それ以外の職業だと
その敵の名前しかわかりません。

「どうぐ」「そうび」「じゅもん」「つよさ」まではそのままですね。

わかりづらいのが「さくせん」と「せんれき」で
特に「さくせん」の中にいろんな設定系の操作がごちゃっとある。
これはもうちょっとばらしても良いんじゃないかと思った。
(FF11のメニューが逆に多過ぎなので、そこからのギャップが…)


○ゲームシステム

以下はFF11との比較な感じで。

全体として、よくあるMMOのしきたりに習ってる感じ。
いろんな名前や見た目なんかがドラクエテイストになったMMO。

成長システムも普通に経験値稼いでレベルアップしていく方式。
その経験値とは別に名声というのもあって、こちらにもレベルがある。
あと、例によってアイテムクリエイション(合成)のシステムもあり、
これにもレベルがあります。

つまり、DQXにはレベルが3種類ある。

名声は、シナリオやクエストをコンプすると上がっていく他に
自分がつくったものが売れると、これも上がっていくようです。

どこで売るかというと、旅人バザーというシステムがあって
これはFF11でいう競売システムみたいなものですね。
(FF11でいうキャラが直接売るバザーではない)

ただ、競売と違うのは、誰がいくらで出品してるという情報が
そのまま表示されるので、それをピンポイントで買える。
ここは、安いのから順に落とされていくというFF11とは違う。

出品は1個か12個か99個みたいな固まりである必要はなく、
同種のものは何個でも好きなだけ出品することができる。
が、出品できる種類は3種類まで。これは少ないような。

あと、出品するときにわざわざ今の相場を調べなくても
同じものが今いくらで売られているか教えてくれます。
これは便利!

で、FF11のジョブみたいなのはDQの職業システムですね。
わざわざ書くまでもないと思うけど、FF11→DQXとすると

戦士→戦士
モンク→武闘家
シーフ→盗賊
白魔道士→僧侶
黒魔道士→魔法使い

な感じで、もうひとつ、旅芸人なる職業もある。

旅芸人は僧侶以外にホイミやザオ(蘇生)が使えるので、
序盤のPTでは劣化僧侶として活躍できるようです。

あと意外だったのは、盗賊がホイミを覚えるということ。
なんで?な感じなんですが、まぁそういうもんらしい。
あと、盗賊は盗んだりみやぶったりできる便利職。

なので、盗賊と旅芸人は、わりと人気職になってる模様。
自己回復できて、そこそこ戦えるってあたりは
FF11でいう赤魔にあたる職業なのかという印象もあり。

まぁ、私は魔法使いですがね。

ちなみに、DQXはいつでも転職可能で、レベルは職業ごとにつく。
ここらへんはFF11と同じシステムです。

ただ、FF11でいうサポートジョブみたいなものはない。
なのでソロでは自分の職が全てなんですが、
おそらくそれを補完するのがサポート仲間システム。

これは各街にある酒場で仲間にするNPCキャラを連れ出して
彼らと一緒に戦うことができるというもの。
ただ、そのNPCを雇うにはお金が必要です。傭兵ですね。
一度雇うと48時間(ログアウトしても)使えるようです。

なので、サポート仲間に僧侶とかつけて戦えば良いんだけど
僧侶は人気ジョブなので大抵出払ってますね。
残ってるのは盗賊と旅芸人がほとんどという…
まぁ、序盤は旅芸人とかで十分ではあります。

このサポート仲間はAIで動きますが、
これはDQ4からある「さくせん」で簡単な指示はできます。
そんなに頭悪くないし、なにせNPCなので
何にも縛られずマイペースでPT戦できるのが魅力ですね。

ちなみに、このサポート仲間は、実は他のPCのキャラらしい。
そして、自キャラをサポート仲間に登録することもできる。
つまり、自キャラを酒場に登録してログアウトすれば、
他の人がそのキャラをサポート仲間として使えると。

サポート仲間として動いてる間も
そのキャラは少しずつ経験値やお金を稼いでくれます。
なんと便利!(まぁホント少しずつだけど無いよりマシ!)

なので、ログアウトするときは
常に酒場で登録してから落ちるようにすればお得なんですね。
他の人が使ってくれればいくらか勝手に稼いでるわけです。
(ただ、レベルアップまではしないらしい)

ということで、酒場を見れば今の人気職が何かがよくわかる。


○他、いろいろメモ

・ログインするサーバを都度選択できる。けど、今は大抵混雑…
・Bボタンの簡単チャットシステムは便利。セリフはカスタマイズできる。
・デスペナは所持金の1割程度らしいけど、預かってもらっとけば被害低減。
・道端におちてる素材はバザーに出せばお金になる。
・ゴミっぽい素材もわりと売れる。合成も黎明期らしい。
・ヒーリングがない!が、杖で殴るとMP吸収できる。魔法使いは杖必携。
・強そうなヤツ相手の場合は距離を取りながら。いざというとき逃げやすい。
・↑遠距離から攻撃できる魔法使いなら、の話ですが。
・PTのときはわりとバラけて立つ方が範囲攻撃の被害が少なくてすむ。


何かいつ入ってもサーバが混んでて、実際に人もいっぱいいるので
これはMMOのスタートとしてはかなり順調なのかもしんない。
「ドラクエ」のネームバリューは強しということですかね。

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

なるほどショッピングVol5番組への直リンク
Powered by Movable Type 5.2.10