1999年4月アーカイブ

今も昔も、世の中で戦争のない日はない。考えてみれば、人類というのは、長年の生物の弱肉強食を生き残った末裔である。お互いの力を誇示し合うのは 頷けなくはないが、それにしても、闘争本能ばかりで生きるバカではないのだから、そろそろ理性を持った「人類」としての立場を自覚してもいい頃ではない か。

先日、北朝鮮のものと思われる不審な船が、日本の領海内に侵入してきた。海上保安庁の巡視船が拿捕の為に数隻出動、間もなく自衛隊の船まで参加、米 軍機までもがスクランブルする騒ぎとなった。結局、奴さんはまんまと逃げてしまったのだが、それより、たったこれだけのことでこの騒ぎ。しかも、初めての 臨戦態勢を体験した自衛隊員が「興奮した」と漏らす始末である。

どうも、戦争を待ちかねているようなこの風は、実にいただけない。某ニュースキャスターが「平和ボケ」は非難の対象であるか、というコメントをして いたが、私は「平和ボケ」が悪くいわれる理由はないと思う。極端な話、戦争を知らないのなら、いっそ最後まで知らなければいい。世の中、平和に越したこと はないのだから‥‥。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のブログ記事

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02