[コラム] ロボットの日

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近はロボットブーム。ホンダのP3が鮮やかな二足歩行で人々を驚愕させ、ソニーのAIBO(犬型ペットロボット)は、本物の犬のごとく多様な感情 表現を見せたと思ったら、次は、NECが、人の言葉を認識してお手伝いをする、というロボットを開発していることを、先月明らかにした。何でも、2001 年には発売の予定とか。

そのロボット、「R100」と仮称されているらしい。移動方法は車輪というのは従来通りだが、そいつに声をかけると、その人の顔を判断し「おはよう XXさん」などと返事をしてくれるという。この顔の識別だが、大体十人くらいまでは可能とか。音声を認識し、画像を認識し、人に代わって家電製品などの操 作もこなす。音声認識というのは、単に音を音波として入力されるのではなく、それを言葉として認識するということ。同様に、画像を認識するというのは、単 にビデオカメラで映像を撮っているのではなく、その映像の対象が何であるかパターン認識をするということ。単なるカメラやマイクではなく、人の目と耳を 持っているのである。なんと、このR100は、パソコンの操作までこなすような開発がされているとか。

さて、ロボットもここまでくると、いよいよ「鉄腕アトム」や「ドラえもん」などの実現も意識されてくる。一家に一台ドラえもん。ロボットがいつまで も人の隣人として存在しているのであれば悪くない未来だ。しかし、こうしたロボットの進化を、ある懸念の目で見ている科学者もいる。このままいけば、いつ か、ロボットが人間に代わってこの世界を支配するのではないか、と。いや、何ともSFチック。しかし、数年前、IBMのコンピュータ「ディープ・ブルー」 がチェスで名人を負かしたという前例もあるだけに、その可能性が全くないことはないのだろう。

人も、おそらく今後、遺伝子操作技術などの発達によって、生物としても今よりは優秀な種となることは予想される。ロボットは、今は人の隣人だが、も しかすると将来、ロボットと人間は、知的存在としての立場を争うライバル同士になるかもしれない。さてさて、ロボット三原則はいつまで守られるのだろうか‥‥。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/225

コメントする

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02