HTTP1.1はBODYが圧縮されることがある件

| コメント(0) | トラックバック(0)
HTTPの応答を受け取って内容を解析するコードをつくっていたのだけど、
HTTP通信は全てテキスト形式だと思っていたら罠があった。

HTTP1.1は、BODY部がgzip圧縮されてくることがある!

圧縮、非圧縮を判定するキーはHEADER部のContent-Encodingにある。

Content-Encoding: gzip

などとなっていたら、BODY部は圧縮されている。
gzip以外に、x-gzipとかdeflateとか書かれてることもある。

その場合は、BODY部をzlibなどで展開する必要がある。

HTTP1.1対応のブラウザは暗黙にこれをやってるんですね。
(IEやFirefoxはHTTP1.1を拒否する設定もできる)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/175

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10