動画編集の最近のブログ記事

VRモードで録画したDVDの中身をみると、
VRMANGR.IFO というファイルと VR_MOVIE.VRO というファイルがある。
この VR_MOVIE.VRO がビデオファイルになる。

まず、VROファイルをチャプターに分解する。

VROファイルをDVDからHDDの適当な場所にコピー。

VOB Tool というソフトをダウンロード。
http://www.digital-digest.com/dvd/downloads/showsoftware_vobtools_371.html

ただ、VOB Tool で VROファイルが開けないので、
VRO ファイルの拡張子を vob に変更する。(→ VR_MOVIE.vob)

「Browse」でそのファイルを開いて「Analyze VOB」を押すと、
右側のリストにチャプター一覧が出てくる。

dvd_001.png

全て選択(反転表示)して「Extract Segment(s)」を押すと、
ファイル保存ダイアログが表示されるので、
適当な名前をつけると、それに連番をつけた形でファイルが出力される。

例えば「movie」とすると、
「movie-1.vob」「movie-2.vob」「movie-3.vob」
というファイルが出力される。

次に、これらのファイルの映像と音声を分離する。

VOBRator というソフトをダウンロード。
http://www.videohelp.com/tools/Vobrator
「Open & Scan」で対象ファイル(vob)を開く。

dvd_002.png

解析が成功したら vob の要素がツリーで表示される。
この時点でまだ分離できてないので、次に「Demux」ボタンを押す。
これで同じファイル(vob)を選択すると、
今度は要素が分離されて、ac3 ファイルと m2v ファイルが出力される。

m2v は mpeg2 形式(DVDの録画形式)なので、
そのまま PC のメディアプレイヤーでも再生できるはず。

音声だが、VRモードの音声は主音声と副音声が混ざった状態で、
そのまま wav などに変換すると、主副が重なってしまうことがある。

なので、そんな場合は音声(ac3)を主副分離する。

HeadAC3he というソフトをダウンロード。
http://www.digital-digest.com/dvd/downloads/showsoftware_headac3he_166.html

dvd_003.png

「Source File」で ac3 ファイルを開いて「Options」を押す。
右側の「Input Channels」の「Right」のチェックを外して「Left」のみに、
「Downmix Type」を「Mono」にすると、主音声のみ取り出せる。

dvd_004.png

分離の必要がない場合はそのまま wav なり mp3 なりで取り出す。
「Destination Format」で好みの形式を選択して「Start」で変換。

あとは AviUtil など適当なツールで動画と音声を結合すれば OK。


参考:MPEG-2関連のフリー・ソフトウェアの紹介
http://homepage2.nifty.com/sophia0/freesoft/index.htm

DVDの吸出しの方法はいろいろあるけど、
タダで今すぐ最速でやれる方法をメモ。

1. HandBrake を入手してインストール
DVDのVOB形式ファイルをmp4形式に変換するツール。
↓こちらから
http://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/

2. DVD43 を入手してインストール
コピーガードを無効化するツール。
コピーガードがないDVDなら不要だけど大抵のセルDVDにはあるはず。
↓こちらから
http://www.dvd43.com/

DVD43 をインストールしたら再起動が必要かも。
再起動したら、DVD43のアイコンがタスクバーに収まってるはず。
ない場合は DVD43 ショートカットから起動しておく。

3. DVDをドライブに挿入。
するとDVD43のアイコンがチカチカする。
最終的にdvd43.pngの状態になればガードがはずれている。

4. HandBrake を起動して、画面右「プリセット」で「iPhone & iPod Touch」を選択。
hb01.png
IS03の解像度に近いサイズということで。

5. 「保存先」に適当な場所とファイル名を指定。
hb02.png

6. 「変換元」で DVD ドライブを指定。
hb03.png
スキャンにしばらく時間がかかる。

7. 「変換開始」でコンソール画面が出てくるので100%になるまで待つ。
hb04.png
これは映像の長さやマシンスペックにもよるけど、
2時間くらいの映画なら所要時間30分~1時間といったところ。

8. 終わったら「~.m4v」というファイルができる。

9. IS03 を micro USB ケーブルでPCに接続。
「USB接続モード」を「カードリーダーモード」にして、ステータスバーの「USB接続」から「マウント」を選ぶ。

10. Windows エクスプローラ上で m4vファイルを IS03 の SDカードにコピー。

これでコピーしたファイルを起動すると、プレイヤーがいくつかインストールされていれば候補インテントが立ち上がるので、適当なプレイヤーを選んで再生できる。(はず)

今まで flv や avi から音声を抽出するのに MovieOperator というソフトを使っていたけど、 さらに多くのフォーマットに対応したソフトを発見。


入力側に、なんとこんなに多数のフォーマットをサポート。

  • Windows メディア ファイル: WMV(DRM保護なし)、ASF、AVI、DVR-MS、MS-DVR
  • QuickTime メディア ファイル: MOV、MP4、3GP、3G2、M4V(DRM保護なし)、QT、3GP2、3GPP、MPEG4
  • Real メディア ファイル: RM、RMVB、RV
  • Flash ビデオ ファイル: FLV、F4V
  • Matroska ビデオ ファイル: MKV
  • AviSynth スクリプト: AVS
  • 高解像度(AVCHD)ファイル: M2TS、MTS、TOD
  • MPEG-1 メディア ファイル: M1V、MPE、MPG、MPV、DAT、MPEG、MPEG1
  • MPEG-2 メディア ファイル: M2V、MPE、MPG、MPV、VOB、MPEG、MPEG2、M2P、MOD
  • MPEG Transort Stream ファイル: TS、TP、M2T、TRP
  • Divx ビデオ ファイル: Divx
  • OGG メディア ファイル: OGM、OGV、OGG
  • DVD-VR ビデオ ファイル: VRO
  • Nullsoft Stream ファイル: NSV
  • 他の動画形式: DV、AMV


これを変換して、以下のフォーマットに吐き出してくれる。

  • 動画形式: AVI、WMV、MP4、MPEG-1、MPEG-2、MKV
  • 音声形式: MP3、WMA、AAC、OGG、WAVE、M4A
  • Flash動画: SWF、FLV
  • HD 動画: 1920×1080、1440×1080、1080×720のHD AVI、HD WMV、HD MPEG-4、HD MKV


さらに、YouTubeやニコニコ動画のURLから直接変換するという荒業もみせてくれる。

これはすごい。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

エプソンダイレクト株式会社
Powered by Movable Type 5.2.10