Windowsの最近のブログ記事

電源オプションでスリープの設定をいくらいじっても梨の礫で全く効果なく、常に2、3分くらいで勝手にスリープしてしまうという現象がある。これはWindows7から10にアップグレードした先代PCでは発生しておらず、この程新調したWindows10プリインストールモデルの新PCで発症するので、どうやらWindows10かつノートPC(モバイル?)のデフォルト設定がこのような感じになっているらしい。エコを考えた"賢い"電源管理のようだけど、電源つないでる場合でも容赦なくスリープしてくるので正直言って迷惑千万ですよと。

この現象、しばらく捨て置いたのだけど、ちょっと目を離した隙にすぐ寝てしまうので、流石に辟易してちゃんと調べてみたら、TechNetフォーラムに同様の質問が寄せられていた。

PCが勝手にスリープ状態になる。
https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/52336ed1-6471-49c9-8930-d831f7c5c8d7/pc?forum=w8itpro

上記はWindows8に関する質問なのだけど、これはWindows10でも同様。

結論からいうと、この解決にマークされている回答の通りにやったら上手くいった。この現象が発生する原因は、電源オプションの中に「システム無人スリープ タイムアウト」という項目があるのだけど、これが既定値で2分に設定されていて(おそらくノートPCなどモバイルユースモデルの出荷時設定と思われる)しかもこのオプションがWindows10ではデフォルトでは設定画面に表示されない(ゆえに設定もできない)。なので、手順としては、当該オプションを画面に表示されるようにして、そこを適切に設定してやればよろしい、ということ。

以下、その手順をメモ。

何かネットワークが重いなぁ、一体どのプロセスが通信してるんだ?
と思ったときに確認するコマンド。

コマンドプロンプト(cmd)から

netstat -na

で使用状況を確認することはよくあるのだけど、
これにプロセスID(PID)を追加表示することができる。

netstat -nao

そう。oオプション。-? でヘルプ見れば書いてあるんですがね。

ただ、そのままだとCLOSE WAIT状態のポートも表示されるので、
findコマンドで"ESTABLISHED"に絞り込むと見やすくなる。

netstat -nao | find "ESTABLISHED"

netstat.png

これでPIDは表示できたが、このままでは暗号なので、
どのPIDがどのプロセスなのかをタスクマネージャで確認する。

「詳細」タブでプロセス名とPIDが確認できる。

taskmanager.png

Windows10で「既定のアプリ」でブラウザを設定しても、なぜか反映されないことがある。

通常は「設定」→「システム」→「既定のアプリ」で既定ブラウザも設定できるはずなのだけど、これを何度設定しても空振りする(ことがある)。Windows7など前のバージョンのWindowsからアップグレードしたWindows10でこの現象が起こりやすい感じだが、原因はよくわからない。たぶん、Windows10のバグ。

win10apl-setting.png

そんなときは、同じ画面の「アプリによって規定値を設定する」を開く。

win10apl-setting2.png

そこで、既定ブラウザにしたいアプリを選んで「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリック(もしくは、ファイルごとに既定プログラムを設定する場合はその下の「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」をクリック)。

win10apl-setting3.png

これで既定ブラウザが変更されるはず。

win10apl-setting4.png

Windows7でドキュメント検索するときは、
エクスプローラの右肩にある検索窓に目的のキーワードを入力して
検索するようになっています。

が、しかし。全然ヒットしないんですけど?

実は、Windows7ではデフォルトでインデックス検索というやつが
有効になってます。

どういうことかというと、
インデックスが作成されている場所ならファイルの中身も検索するけど、
作成されていない場所にあるファイルは、ファイル名のみ検索する、
というのがデフォルト動作になっているということ。

一度、検索をかけると、その場所にインデックスを作成するかどうか
問い合わせてくるけど、あれをつくらないとドキュメント検索しませんよと。

でも、検索対象の場所にまずインデックスをつくってから検索する
なんて手間を取るより、インデックスなしでもドキュメント検索してくれ!
と思いますよね?

実はそのオプションもあります。

エクスプローラ左肩から「整理」→「フォルダーと検索のオプション」
をたどって表示されるダイアログで「検索」タブを開く。

folderop.png

ここで「ファイル名と内容を常に検索する」にチェックを入れれば、
常にファイルの中身まで検索するようになります。

ただ、インデックス検索に比べたら当然遅いですけどね。
でも、XPまではこれだったんだから、それに慣れちゃってる人なら
こっちの方がしっくり来るんじゃないですかね。私がそうだし。

一応、インデックスがどこにつくられているか、というのは
「スタート」から検索窓に「インデックス」と入力すると
「インデックスのオプション」という画面が呼び出せるので、
そこで管理することができます。

indexop.png

やっぱり素早い検索の方がいいという場合は、インデックスを有効にして
必要な場所にインデックスをつくっておくと良いでしょう。

Windowsでは、WinMergeとかDFとかkdiff3とか、
あとはsvnやvssなんかのバージョン管理クライアントに付属のdiffツールとか
そういうのでファイル比較してきたんだけど、そういえばコマンドはないのか?
と、ふと思って調べてみたら、ありました。

Windows の diff は fcコマンド (pf-j.sakura.ne.jp)

fc [オプション] <ファイル1> <ファイル2>

sample1.txtとsample2.txtを比較

C:\> fc sample1.txt sample2.txt

比較結果をdiff.txtに出力(リダイレクト)

C:\> fc sample1.txt sample2.txt > diff.txt

/B オプションでバイナリ比較もできます。

C:\> fc /B sample1.dat sample2.dat

単純に2つのファイルに違いがあるかどうか見たいというだけなら、
このfcコマンドで十分。

Windows Live Mail 2011 で新しくフォルダをつくって、メールを移動しようとすると、
「不明なエラーが発生しました」
などというエラーが出て移動に失敗することがあります。
(というか、私の場合必ず失敗する)

unknown_err.jpg

Google先生によると、どうも何かのアップデートパッチをあてるとこうなるらしく、
そのアップデートを削除するとなおるなどという情報もあったんですが、
そのパッチが複数あるようで、いちいちそれを探してアンインスコするとか面倒です。

で、これにはもう一つの解法があって、これは根本解決ではなくその場しのぎっぽいけど、
右クリックメニューの「添付ファイルとして転送(W)」というのを実行しておくと
なんと上記エラーが出なくなる!

メール一覧のペインで右クリック(どのメールでも良い)して「添付ファイルとして転送(W)」を選択。
新規メールが立ち上がるけど、それは実際に送信する必要はありません。
そのまま閉じてしまえば良いです。

で、問題のメール移動をしてみると...

Windowsには他人のPCをリモートで操作してヘルプするリモートアシスタンスという機能がある。リモートデスクトップのようなものだが、接続先のユーザがログインしたままで、他人がそのコンピュータに入って操作できるようになる、というところが違う(どちらかというとVNCのような感じ)。簡単なチャット機能もある。

手順は以下のサイト参照で。

遠隔操作でパソコンの設定を直してもらうには?
(Microsoft サポート)

ただ、問題は接続先のPCがモデムに直結ではなくルータ越しになっている場合、ヘルパーに通知されるIPアドレスがローカルIPになってしまうことがある。このIPはヘルパーに送信する Invitation.msrcincident というファイル(中身はxml形式のテキスト)の中に書かれている。

この UPLOADDATA タグの属性 RCTICKET に記述されている IPアドレスが、192.168. で始まるものになっていたら、ここにルータの外側から接続することができない。この場合、この部分をリモート接続を受ける側(ヘルプされる側)のPCのグローバルIPに書換えてやる(若しくは グローバルIPを ";" 区切りで追記する)。

グローバルIPはルータの設定画面を見るか、または ipconfig や tracert をやれば確認できるが、ヘルプを受ける側がそのような作業ができる技量を持ってない場合が多々なので難儀する。

そんなときに重宝するのが確認くん。

確認くん(VIA the UGTOP)

このページのURLを教えて「現在接続している場所(現IP)」というところのアドレスを教えてもらう(これがグローバルIP)。そのIPを Invitation.msrcincident に書きこんで開けばリモート接続できるはず。

ちなみに、ルータでリモートアシスタンス用のポートが閉じられてる場合は当然接続することができない(WindowsXP/7対応などとなっているルータであれば、デフォルトでこのポートは開いてると思うけど)。もし閉じられている場合は、同じく Invitation.msrcincident のIPアドレスの後ろ(":" 区切り)に書かれているポート番号を開くかルータの設定でマッピングする必要がある。が、しかし、これはさすがにヘルプを要するようなユーザができる作業ではない気がするので、とりあえず備考として覚えておく知識。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

ワイヤレスLAN搭載のノートPC [120x600]
Powered by Movable Type 5.2.10