消費税18%とか

| コメント(0) | トラックバック(1)

なんかノドが痛い…。

 消費税率は最大18% 政府が「基礎年金の税方式」を初試算
 (MSN産経

18% …。

 フ・ザ・ケ・ル・ナ!

ていうか、もうその時点で財政破綻してるでしょうが。

いや、北欧諸国みたいに、計画的に高税率にして
その分、福祉厚生、医療、老後の面倒なんかを手厚くしている、
というのなら良いんですよ。

日本の場合はそうじゃない。

今のまんまいけば生産人口が減り要介護人口が増加して
やがて予算が足りなくなるから“やむを得ず”増税という、
とてもイタダケナイパターンです。

何で18%なんてことになってるかというと、
今、社会保険制度で徴収している年金保険料が、
未納者が多かったり、その管理に不備が多かったり、
いろいろ運用に問題があるから、
それなら全員からバッチリとれる税金で巻き上げて、
それを年金にあててしまおう、という話なんですな。

18%ということは、
1000円のものは1180円に、1万円なら1万1800円になる。
オリジナルDVD同梱版アイドルマスターL4U 9800円買おうと思ったら
1万円超えるんだぜ。

コレどうなんだ。おい。

年金保険料は、私の場合、月14800円払ってるんだけど、
つまり、毎月の消費(要は買い物)が8、9万円にもなれば、
その消費税は現状の保険料を軽く超えてしまうと。

実際、食費、光熱費、家賃なんか諸々の生活費だけでも
毎月10万円じゃすまんでしょ。


何度も言うようだけど、
市民、国民にそういう無理強いをする以上は、
議員先生方も、
同様に相応の処遇をしていただきたいわけですよ。


以下、愚痴グチいうので、
久々に記事を折り込んでおきます。



でね。

消費税を払うのは議員も同じジャマイカ?
というなら、まぁ議員たちがどれだけ給料もらってるのか見てください。

両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。
なお、主な内訳は、
・月収130万1000円(年間1561万2000円)
・歳費手当(つまりボーナス)は年間635万4480円
・文書通信交通滞在費は月100万円(年間1200万円)
合計3429万480円の歳費が毎年国会議員1人1人に支払われる。

Wikipedia - 国会議員 より)

つまり、年収3000万円超。

一方、年収1000万円どころか500万円にも満たないサラリーマンも
やっぱり同じ条件なわけです。
(まぁ、買い物のスケールが違うんだろうけど、それはこの際関係ない。)

さらにいえば、
議員には議員特権というものがある。

有名なのは、JRなら全線無料(当然、新幹線、グリーンも)。
それに加えて、航空チケットも4往復分タダ。

一等地の高級宿舎の家賃が激安。
例えば、高輪にある3LDK(80平米)の家賃が約5万円程度。

あと、議員年金。
これは10年掛け金(月10万円程度)を支払えば受取り資格が得られ、
65歳以降、毎年400万円以上の年金が保証される。

さらにダメ押しで
“海外視察費”などというワケの分からん歳費まで決まっていて、
海外旅行が180~190万円分までタダでできる。

この優遇は中央だけではない。

地方を見ても、その法外さが特に顕著なのは首長の退職金で、
市長なら平均2000万円以上、知事なら平均4000万円以上とか。
しかも首長は1期4年で改選されるので、
また現職当選すれば4年後に同じように退職金が出る。

退職金のみならず、
全国の知事の平均月給はフツウに100万円を超えているらしい。

議員もだけど、公務員もだいぶ民間よりランクが高い。
役付きの公務員の平均年収は、
課長補佐クラスで700万くらい、事務次官で2000万円以上。
地方公務員の退職金の平均は2900万円くらい。
(ただ、役付きでない一般職員は、民間とさほど変わらないらしい。)


念のためにいっておくと、
上記のお金は全て市民から徴収された税金から支払われています。


これ、不平いってもいいでしょ。
こんな優遇、とりあえずいらないでしょ。

ていうか、財政難だ、予算が足りないといいながら、
自分たちの優遇に言及しようとしないのはどうなの。
そこ削れば、だいぶ予算助かるんじゃないの。

やっぱり人間だからしょうがないか?

まぁ仮に私が議員当選して、こんな優遇うけられるなら、
あえてそこにメス入れたくはないんだけどネ。。

要は、フツウの人間が国を運営する以上は、
国民のためといいながら、結局どうしても自分優先になる。

そもそも、なぜ議員は優遇されるのか。
優遇がなければ、誰も議員になろうとは思わないか?
ていうか、議員の仕事って何すか。
議事堂で居眠りしてるだけで年収3000万円すか。

チクショウ。

だから国なんていらん!といってるでしょうに。


そういえば、宮崎県知事が彼になったときは
あの県\(^o^)/と思ったもんだど、
いきなり自分の給料カットに切り込んだあたりは、
(政治手腕はどうかしらんけど)人間として評価に値する。

本当に改革すべきは道路財源でも年金でもなくて、
まず議員(や公務員)の優遇制度じゃないのかね。

とりあえず、中央も東を見習え。
(宮崎は西だけど)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2596

海外旅行の保険について知りたいあなたへ - 海外旅行の保険について知りたいあなたへ (2008年5月24日 11:23)

海外旅行の保険について知りたいあなたへ 続きを読む

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading