ルーピー鳩山

| コメント(2) | トラックバック(0)

仕事用のバッグ(※注 : ここ1ヶ月使用してない)の底から、
前の職場の人が京都に行ったおみやげにといってくれた
つくだ煮のパックが出てきた!

賞味期限は1ヶ月前に切れてます。

無理かな?無理だよね?いや、大丈夫だったりしないかな?

…ダメか。

過去に、賞味期限が3日前に切れたカレーパンを食べて
酷い目にあったという前歴もあるので、その轍を踏むことはすまい。


さて、書きますか。

結構堪えてたけど、そろそろ書いちゃいますか。
あえて書くまでもないか?私が騒いでも仕方のない話だし?

でも、ブログとか日記とかってそういうもんだし。

やっぱり書くしかないか。書いちゃうもんね!

あんのアホ首相がッ!

てか、あの人がこの国の首相だと認めたくないです。

ポッポです。ポッポ。
それは鳩にさえ失礼ですね。

由紀夫くんのことですよ。

あの人が野党時代に好き勝手いってたツケが
全部、もうそっくりそのまま返って来てる感じですよね。

財源10兆円はムダ使い削減で余裕 → 過去最高の国債発行…
高速道路無料化 → 近距離はむしろ値上げの可能性…
子ども手当1人2万6千円 → やっぱりその半額で…
普天間最低でも県外 → やっぱり県内、辺野古で…
普天間移設は5月までに解決 → やっぱり6月以降に…

目立っただけでもこれだけ、他にもいっぱいある。
いかに無責任に発言していたか、ということですよ。

これは、首相とか政治家とかいう以前に、
社会人としてどうかということが問われるレベルじゃないか。

結局、発言の根拠は何もなかったということで、
言いたい放題言いっ放しだけなら
何の責任も負わなくていい子供と同じってことです。

最近は、子供でさえもうちょっと現実的なんじゃないか。

理想を語るのは悪くない。その実現に向けて頑張るのも良い。
でも、“その実現に向かって頑張ること”と、
“やれる、可能であるといってしまうこと”とは、全く別の話。

後者は、タダの嘘です。

政権公約、マニフェスト?というのは
実際に実現可能で、根拠のあるものでなければならないし、
いってみれば国民との契約書ですよ。

それで、何かの理由で契約が履行できない場合でも、
そのできない理由を明確にする責任がある。
これは自ずと、契約する以上は、それが実現可能だという
根拠が(事前に)必要だということです。

その根拠をよく確かめもせずOKを出してしまった国民も
ある意味、同罪といえば同罪なんですけどね。

いずれにしろ、その契約書に国民がハンコを押しちゃったから
政権交代が起きたわけです。

その契約書に書かれていること(首相の発言も含む)が
今まさに蔑ろにされようとしているとしているのに、
まだ契約を続けてくださいというのはおかしな話。

実現が無理そうだとなったところで、
それを修正するのは実際問題として仕方がないんだけどね。

ただ、修正するなら、過去自分がやる、やれるといっていたのは
根拠のない妄想だった、虚構だったと認めるところからですよ。
そうでないというなら、できない理由の説明責任がある。

いきなり、「やっぱりこうしまーす」というのは、通りません。


…ていうかねー。

こうなることはあの衆院選のときから明らかだったでしょう。

彼らの言ってることに何の根拠もないなんてこと、
実は国民も知ってたでしょ。

私、ずっと(ここでも)無理だっていってましたよね。

そんな無理目なことでも彼らは堂々というもんだから、
本当にやってくれるかも?って夢みちゃったんでしょ。

で、やっぱ無理でしたわー!あははってことでしょ。

あのときは、大嘘ぶち上げる民主党もダメだったし、
チョンボだらけで信用を落としまくってた自民党もダメだったし、
政権交代キャンペーンを大展開したマスコミもダメだったし、
それらにまんまと騙された国民もダメだったのよね。

魔が差したってことですか。

もうそんな軽い感じじゃなくなってるんですけどね。

民主党もね、紛いなりにも政権とったんだから、
もうちょっと政権政党“らしく”振舞って欲しかったんだけど、
8ヶ月経った今も全然進歩ない、むしろ酷いもんなー。

鳩山さんは、発言してからそれを撤回するまでの期間が
どんどん短くなってますよね。

そのうち、今日言ったことも明日否定されるとか。
もう誰も彼の言うことなんか信用しませんよ。

“トラストミー”というあの発言が、
こうなることの伏線だったとしか思えない。

嘘つきは誰でも、自分のことを信じてっていうんです。

実はこれ、親分の鳩山さんだけじゃなく、
とりまきの閣僚みんなおかしいから始末に負えない。

この期に及んでも、まだあの政権でいけるんじゃ?
と思ってる国民も2割強いるっぽいんだけど、駄目ですよ。

バッグの底から出てきた賞味期限切れのつくだ煮と同じです。

きっと、そのまま食べたら酷い目にあうから。
あれ、でも、つくだ煮って保存食だっけ?

じゃあもうちょっといけるか。
1ヶ月くらいどうってことないか?捨てるのもったいないし。

いや、ここはキッパリ諦めが肝心でしょう。


…食べないよ。ええ、食べませんよ。
いやだなぁー。そんなん、食べるわけないじゃん。



何の話だっけ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sphere42.mlexp.com/mt5/mt-tb.cgi/2752

コメント(2)

う~む。カレーパンは
たまねぎとか、油とか、わりと足が速いですが、
佃煮は塩分が濃いので大丈夫でしょう。

って、責任はもてませんけど。

だ、大丈夫かな…?

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10
MLEXP.サイト内を検索
Loading
キャビンアテンダントが開発!JALショッピング